2024年06月14日

安城市安城町S様邸 上棟しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 5月末から今週にかけて随分と気温が上がりまして、昨日今日は弊社のある安城市は日中30度を超える真夏日となりました。

 そんな中、私の自宅には猫が2匹おりまして一匹は長毛種で家中の涼しい所を探してウロウロしているのですが、真夏日の外出時に熱中症の恐れがあるので近々エアコン冷房を検討しています。

 窓を開けたまま家を留守に出来ませんし、我が家の癒し担当を熱中症から守らないといけませんし、エアコン分の電気代アップは仕方ありません。


 さて、前置きはここまで、本日は先週5日に上棟をおこなった「安城市安城町S様邸」の進捗状況をお伝えいたします。

 1階面積が約50坪の上三建ち平屋住宅、棟下の高くなった部分に広い小屋裏収納を設けた長期優良住宅です。

 IMG_1140.JPG
 安城市安城町S様邸〜上棟日の朝、7時半頃の様子です

 IMG_1143.JPG
 上棟の開始〜最初に通し柱と管柱、全ての柱を立てます

 IMG_1149.JPG
 柱立て後、外回りから柱の上に梁桁(はりけた)を組む

 IMG_1150.JPG
 敷地境界の電線に防護管(保護材)を付けて安全に作業

 IMG_1152.JPG
 梁桁を組んだ後、動かない様に仮筋かい(斜め材)取付

 IMG_1154.JPG
 11時頃に撮影〜1階部分の梁桁組みをほぼ完了しました

 IMG_1155.JPG
 小屋裏収納の所へマス目状に小梁(こばり)入れてます

 IMG_1159.JPG
 窓台(窓を付ける為の下地材)組みと防腐防蟻剤の塗布

 IMG_1162.JPG
 小屋裏収納部の床に直張り合板を取付、作業効率アップ

 IMG_1166.JPG
 道路から撮影〜屋根の小屋束(屋根内の柱)立ててます

 IMG_1167.JPG
 お昼休憩後〜大屋根(上の屋根)梁桁を組み始めました

 IMG_1169.JPG 
 下屋根の小屋束上に母屋(もや)と棟木を組んでいます

 IMG_1170.JPG
 小屋裏収納部は登り梁を組み、天井高を確保しています

 IMG_1172.JPG
 先が折れ曲がり、電線上をまたいで吊れる大型クレーン

 IMG_1176.JPG
 午後3時前〜棟木(むなぎ)を組んだ時点で上棟が成立

 IMG_1179.JPG
 屋根垂木(タルキ〜屋根板の下地の角材)ビス止め固定

 IMG_1181.JPG
 午後4時過ぎ〜屋根垂木の取付固定が完了いたしました

 IMG_1185.JPG
 野地(のじ〜屋根の下地板)合板の施工を進めています

 IMG_1186.JPG
 現場の片付け清掃後、お施主様と上棟祭を行っています

 上棟日の翌日も晴天でして、野地板に防水ルーフィングシートを敷いて瓦下地の桧(ヒノキ)ドウブチを取り付け、防災平板瓦(フラット瓦)の施工を進めました。

 IMG_1288.JPG
 屋根の横方向に固定されてる木材が瓦下地の桧ドウブチ

 IMG_1292.JPG
 屋根と外壁の取合い(接触部)ノシ水切を施工してます

 IMG_1291.JPG
 換気スター(棟換気)〜棟瓦の下にある屋根裏の排気口

 IMG_1294.JPG
 防災フラット瓦〜軒先から始めて棟へ向かって進めます

 IMG_1290.JPG
 大屋根〜表面に凹凸の少ない栄四郎瓦プラウドプレイン

 上の写真は今週火曜11日に撮影した物を載せておりますが、今日現在では棟瓦の施工が済んで屋根瓦工事としては完了しております。

 11月に完成お引渡し予定、順調に工程が進んでおります。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は「刈谷市東境町H様邸」の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 11:58| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月30日

西尾市緑町I様邸 造作完了〜内装工事を開始

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 私事ですが、つい先日、弊社が所属している宅建業協会等の総会で名古屋へ行く機会がありまして、久しぶりにJR安城駅から電車に乗りました。

 できたばかりの台風1号が前線を刺激して大雨が降っていた日で「貨物列車の運行が遅れて時刻表から3分ほど遅延が発生、お急ぎのところ申し訳ありません」とホームでアナウンスされていました。

 もう10年近く海外旅行へは行っておりませんが、以前は海外旅行あるあるで「海外では電車が10分〜20分遅れるのは当たり前、日本の電車は時刻表に正確すぎる」と聞いたものです。

 時代が変わって、今では海外も正確になったのでしょうか。

 私見になりますが其処は相変わらずルーズなままであって、緩やかに生活してる方が幸せそうに見えるので勝手ながら好ましく思います。


 さて、前置きが纏まりに欠けましたが、本日は3月中旬に上棟した新築現場「西尾市緑町I様邸」について進捗状況をお伝えいたします。

 先週早々に造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)が完了して、5月末の現在では職人さんが壁紙クロス貼仕上等の内装工事を進めております。

 IMG_1121.JPG
 西尾市緑町I様邸〜5月末現在の全景

 IMG_1123.JPG
 外壁はガルバリウム鋼板張り仕上、防災フラット瓦ぶき

 IMG_1124.JPG
 玄関は出入りし易い片引戸スライド扉

 IMG_1119.JPG
 LDK東面の壁〜写真右奥の開口の向こうが玄関ホール

 IMG_1116.JPG
 LDK空間16.5帖〜コンパクトながら使い勝手良く工夫

 IMG_1114.JPG
 洗面室〜衣類乾燥機「乾太くん」予定

 IMG_1120.JPG
 階段下に1Fトイレ〜天井高2.3m有

 IMG_1113.JPG
 2F廊下〜扉なしオープン収納を設置

 IMG_1112.JPG
 2F廊下の西面〜突き当り奥はトイレ

 IMG_1109.JPG
 2F東の洋室〜子供室として使う予定

 5月末現在は内装工事の前準備段階、壁紙クロス貼の下地せっこうボードの継ぎ目のパテ埋め均しが完了しており、まもなく壁紙クロス貼を開始いたします。

 6月中旬にシステムキッチンや洗面化粧台やトイレといった住宅設備機器の搬入施工をおこない、照明器具を設置して6月下旬に完成お引渡し予定です。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は「安城市安城町S様邸」の上棟の様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by ohashi at 16:52| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月15日

安城市安城町S様邸 基礎工事を進めています

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 少し前の話、私事ですが連休こどもの日に福井県へ日帰り旅行へ行ってきました。

 歴史好きな長男の要望も有りまして、曹洞宗の総本山の永平寺、朝倉氏の一乗谷遺跡と名所を回り、午後3時半頃に恐竜博物館へ着きました。

 以前に行ったことがあったので気楽に寄ったのですが、当日は窓口でのチケット販売は無し、当日券はウェブ限定で販売に変わっていました。

 アソビューというサイトでの販売、約2年前に名古屋港水族館に行った際にユーザー登録したきり使っていなくて「IDはメルアドだけど昨年スマホを変えたのでパスワード不明〜ユーザー登録しないとカードやペイペイでの支払い不可」という状況に陥り、うろ覚えのパスワード候補をいくつか試して何とかログインしてチケット購入という体たらくです。

 いつも使ってればスマホが覚えていますし、パスワード帳には記載してますが、それを持ち歩かないので今回ほとほと苦労しました。

 何でもかんでも全てをデジタルデータ化、ペーパーレス化すれば万事解決する訳では無いと実感した出来事でした。


 さて、前置きはここまで、今回は5月から着工した新しい新築現場「安城市安城町S様邸」の基礎工事の進捗状況をお伝えします。

 上三建ち屋根の中に広い小屋裏収納を設けた大きな平屋建てのお住い、建坪(建築面積)約50坪の長期優良住宅です。

 IMG_0880.JPG
 安城市安城町S様邸〜基礎の形に掘って防湿シート敷設

 IMG_0882.JPG
 近くから撮影〜地中梁(はり)部分が深くなっています

 IMG_0887.JPG
 外廻り部分と地中梁(低い所)に下地コンクリート打設

 IMG_0889.JPG
 下地コンクリート完了〜次は外回り型枠組みを行います

 IMG_0969.JPG
 先週の様子〜外回り型枠組み及び鉄筋組み施工が進行中

 IMG_0982.JPG
 鉄筋組み施工後、構造計算の設計通りの状態かチェック

 IMG_0985.JPG
 鉄筋検査の様子〜玄関部の型枠を外して基礎全景を撮影

 IMG_0986.JPG
 底盤(基礎の床面)の鉄筋ピッチ(間隔)チェック撮影

 IMG_0992.JPG
 立上り外周(上に外壁が来る所)深さと鉄筋ピッチ撮影

 IMG_0999.JPG
 地中梁(地面の中に造る鉄筋コンクリート梁)チェック

 IMG_1041.JPG
 鉄筋検査に合格後〜ベース(底盤)部コンクリート打設

 IMG_1046.JPG
 圧送ポンプ車ホースを持つ人、表面を均す人と役割分担

 IMG_1051.JPG
 ベース部コンクリート打が完了〜数日間おいて型枠組み

 ここまでで基礎工事の工程の約半分まで進んだ状態で、次は建物内部の立上り(上に内壁が乗る部分)型枠を設置してホールダウン金物やアンカーボルトを組み込んだ後、立上り部コンクリート打設をおこないます。

 その後は2週間ほど養生(触らずにそっと保護しておく状態)期間として、コンクリートが乾燥して強度が出るのを待ちます。

 コンクリートの養生期間が済んで型枠を外した後、基礎の立上り部分の上に土台を敷いて床組みをおこないます。

 来月5日に上棟の予定、順調に基礎工事が進んでおります。


 さて、本日はここまでとして、次回は他の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by ohashi at 19:09| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする