2022年06月25日

安城市二本木町K様邸 床張り工事中

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 6月も下旬となった今日この頃、現在この愛知県も梅雨入りしているはずですが、まとまった雨が降ったという印象は有りません。

 週間天気予報でも来週いっぱい雨マークは皆無となっており、いわゆる空梅雨な状態のまま梅雨明けとなり、夏季の水不足が予想されています。

 今夏は電気使用量の増加による電力不足が懸念される事から、より一層の節電が呼びかけられますが、さらにダム貯水率に余裕が無くなれば強力な節水が要請されそうです。

 過度な円安によって生活物価が上がり、石油や天然ガス等エネルギー資源の値上りにより電気代やガス代も値上げ、少し前に「国民は値上げを許容している」と言った日銀総裁は批判の嵐にさらされ前言撤回してましたが、そんな今は参議院議員選挙の選挙期間中で選挙カーが「おおよそ実現できそうもない」威勢のいい公約を吹聴して回ってます。

 いつも選挙のたびに思うのですが、政治家の述べる公約って軽すぎるので何か具体的な罰則(ペナルティ)を設けるべきです。

 与党の建て前は「公約を実現できなかったら、次回の選挙で審判を受ける」ですが、その底には「次回の選挙でも野党は信用されないから、自分たちは当選できる」と考えが見て取れます。

 一方、野党は「とりあえず政権を取ってから、公約を実行する方策を考えよう。たとえ実現できなくても、連立が機能しなかったと言い訳すれば済む。」と考えて無責任に言いたい放題やってるように見えます。

 選挙の投票率が低い原因は、「政治家の言う公約はデタラメだから、それに期待して投票できない」から自分の一票が無意味に思えて「投票したくない」からだと思います。

 そうとは言え「日本が憲法9条さえ守ってれば、実際に攻めてくる国は無い」などと、この期に及んで主張する政党が政権を取っても困りますので、そこ以外の候補者に投票する為に私は必ず投票に行きます。

 他の国のが常に正しいとは思いませんが、現状の1強多弱な政党分布こそ「無責任な政治が行われる」原因だと思うので、米国みたいな2大政党制になって欲しいです。


 さて、選挙について述べたら前置きが長くなり過ぎましたが、本日は外装の張り替え工事から大規模リフォームを進めていた「安城市二本木町K様邸」について、屋内の床張り工事の様子をお伝えいたします。

 和室の畳敷きを床フロアー仕上に変更する工事、2階の傷んだ床フロアー上に新規フロアーを増張りする工事をおこなっています。

 IMG_4083.JPG
 和室〜床の間が不要となり、収納と一体化する為に解体

 IMG_4084.JPG
 床柱と壁を撤去した様子〜床の間と収納の床に段差あり

 IMG_4095.JPG
 床の間の床板を解体〜高さを合わせ床下地を組んでます

 IMG_4094.JPG
 天井の高さで、新たに内法(ヒノキ無節)を入れました

 IMG_4088.JPG
 畳を撤去後、畳下(板)上に床下地を組み、断熱材入れ

 IMG_4089.JPG
 約10cm厚グラスウール断熱材を圧縮して押し込みます

 IMG_4092.JPG
 その上から針葉樹合板(表面ヒノキ単板)を張って固定

 IMG_4047.JPG
 2階の床張り工事〜既存フロア上に新規フロアーを張る

 IMG_4052.JPG
 クローゼット〜元々段差があり、工事後も扉が開きます

 IMG_4059.JPG
 2階の別の居室〜ここにも同様に新規フロアー張ります

 IMG_4060.JPG
 左が新規フロアー張りした部分、右は既存フロアー状態

 IMG_4061.JPG
 部屋全面に新規フロアーを増張り後、撮影いたしました

 既存の床材の上に新規の床材を増張りする工事は「床に不陸(傾き)が無く、扉やドア等で他の部屋との段差が問題にならない」場合に有効で、既存の床を解体して床下地を組み直す等の費用が発生しないので、最も安価にできる床リフォームです。

 ただし、新規フロア材を張ったことで扉の開閉ができなくなる場合には、扉の取外し・下地組・再取付が発生するので注意が必要です。


 さて、長くなっておりますので本日はここまで、次回は他の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 16:11| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

安城市東町M様邸 上棟〜その後のご紹介

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 明日は6月の第3日曜日、いわゆる「父の日」ですね。

 私事ですが、私は両親が健在で自分にも子供が3人おりますので、自分の属性としては「父」でもあり「父親のいる子」でもあります。

 ちなみに私の父は焼酎が好きなので、父の日および誕生日のプレゼントは毎回「ちょっと良い芋焼酎」を酒屋さんで購入してプレゼントしています。

 子供たちは小さいですから未だ何も貰った事はありませんが、ま、健康で元気でいてくれるのが一番のプレゼントと受け取っております。

 「もらえるのが当たり前」と考えていたら、もらえなかった時にガッカリと気持ちが落ち込むので嫌です。


 さて、前置きがグダグダになりましたが、本日は前回の予告通り「安城市東町M様邸の上棟の様子」をその後の進捗状況も含めてお伝えいたします。

 先週の11日(土)、雨天の予報ではありましたが現場では上棟している間ほぼ雨に降られず、無事に上棟〜雨仕舞(あまじまい、雨に対する備え)まで完了できました。

 IMG_5142.JPG
 安城市東町M様邸〜上棟の前々日、仮設の足場を組む前

 IMG_5179.JPG
 上棟日8時頃に撮影〜上棟は「柱立て」から始まります

 IMG_5183.JPG
 柱立て〜1階の全ての柱を土台ホゾ穴に立てる作業です

 IMG_5193.JPG
 柱立て後、柱の上に梁(はり)という横架材を組みます

 IMG_5194.JPG
 建物外周の梁を組んだ後、2階梁(建物内側の梁)組み

 IMG_5198.JPG
 2階梁は「2階床を支える梁」〜この後、2階の床組み

 IMG_5199.JPG
 足場に上がり撮影〜2階梁に細かくツナギ梁を組み入れ

 IMG_5204.JPG
 格子状に組んだ2階の床面に、剛床(厚い合板)を固定

 IMG_5205.JPG
 大工さんの安全な足場となるので、作業の効率がアップ

 IMG_5208.JPG
 その頃の1階〜窓サッシ取付下地となる窓台の取り付け

 IMG_5209.JPG
 2階柱を立てて、その上に小屋組(屋根の骨組)を組む

 IMG_5215.JPG
 小屋組の梁(はり)と桁(けた〜屋根を受ける梁)組み

 IMG_5234.JPG
 2階の寝室のロフト部分〜ロフト梁に剛床を組みました

 IMG_5227.JPG
 小屋組み完了の後、外壁面に耐力面材ダイライトを施工

 IMG_5238.JPG
 小屋梁の上に束を立てて、母屋(もや)を組んでいます

 IMG_5236.JPG
 屋根の一番上の横架材(水平の木材)が棟木(むなぎ)

 IMG_5239.JPG
 軒桁と母屋に屋根垂木(タルキ、屋根下地の角材)固定

 IMG_5242.JPG
 屋根垂木に野地合板(屋根面の下地板)を釘打ちし固定

 IMG_5241.JPG
 雨に濡らさない様に、ブルーシートで覆って表面を保護

 当日の上棟施工はここまでとして、外壁面をぐるっと厚手のブルーシートで覆って雨が降り込まない様に保護しています。

 その後、お施主様ご家族と上棟祭をおこないました。

 IMG_5252.JPG
 上棟から2日後〜軒から順にゴム層付ルーフィング敷設

 IMG_5254.JPG
 屋根の一番上「棟」をまたぐ様に、ルーフィングを敷き

 IMG_5332.JPG
 瓦ぶき施工する時の目印、ガイドテープを貼っています

 IMG_5337.JPG
 重なり屋根と外壁の取り合い部〜防水シート立上り納め

 上棟から1週間が経過、造作工事(大工さん担当の屋内での木工事)が進んでおり、来週早々に外部の鋼製建具(アルミ樹脂複合サッシ)を施工いたします。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は他の現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by ohashi at 16:12| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

外装リフォーム中の2現場 進捗状況ご紹介

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 本日6月11日(土)大安にて、「安城市東町M様邸」を上棟しております。

 午前8時少し前から柱立てを始めて、午前10時の休憩までに胴差梁(どうさしばり)と床梁(ゆかばり)を組み込んで剛床(ごうしょう〜建物の主要な構造材に直接固定する厚い合板)を釘打ちしており、2階の床組み(ゆかぐみ)が済んだ状態です。

 安全第一を心がけつつ、着実に迅速に上棟を進めていきます。

 なお、このM様邸の上棟の様子については後日、当ブログにてお伝えいたします。


 さて、前置きはここまで、今回は以前ご紹介しました「外装リフォーム進行中の現場2件〜刈谷市東刈谷町A様邸、安城市二本木町K様邸」の進捗状況をお伝えいたします。

 IMG_4971.JPG
 刈谷市東刈谷町A様邸〜塗装前、養生シート施工の様子

 IMG_4972.JPG
 外壁以外の所(窓や庇、軒アラワシ部分)を覆って保護

 IMG_4973.JPG
 下塗り後、ローラー刷毛でセラミックシリコン塗り仕上

 IMG_4978.JPG
 セラミックシリコン塗装後〜この後2回目の塗装します

 IMG_4977.JPG
 2回目シリコン塗装を完了した後で、養生を撤去します

 IMG_5133.JPG
 仮設足場を撤去した後、樹脂木デッキ床組み施工を開始

 IMG_5143.JPG
 デッキフェンス(手すり)は格子タイプを採用しました

 IMG_5144.JPG
 正面から撮影〜デッキ完成後、エアコンの室外機を取付

 さて、ここからは「安城市二本木町K様邸リフォーム」の進捗状況をお伝えします。

 屋内外の大規模リフォームですが、外装工事のみ第一期工事として先行しており、屋内リフォーム工事については7月から着工する工程の現場です。

 IMG_4020.JPG
 安城市二本木町K様邸〜外壁サイディング張り替え施工

 IMG_4019.JPG
 出隅(ですみ〜出コーナー部)サイディングを先行取付

 IMG_4012.JPG
 透湿防水シートの下にある既存の外壁下地へ金具を取付

 IMG_4014.JPG
 外壁下地に取り付けた金具へサイディングを固定します

 IMG_4015.JPG
 外壁の平継部(青い所)へ高耐久シーリング施工します

 IMG_3984.JPG
 入母屋型の屋根の破風(鋼板巻き仕上)〜サビ止め塗装

 IMG_3987.JPG
 サビ止めの下塗り完了〜この後、シリコン塗料を2回塗

 IMG_3996.JPG
 破風部のセラミックシリコン2回塗が完了〜これで完成

 この安城市二本木町K様邸は、外装工事が来週早々に完了する工程となっており、20日に外部の仮設足場を解体して第一期工事が完成いたします。

 なお、屋内の大規模リフォームとなる第二期工事は7月上旬から開始する予定でして、この工事の御支払い分に安城市プレミアム付き建設券をご使用いただくように購入申込書を提出しております。


 さて、本日はここまでとして、次回は冒頭にも記載しました「安城市東町M様邸の上棟の様子」をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。



posted by ohashi at 12:49| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする