2024年04月17日

西尾市緑町I様邸 造作工事が折り返し地点

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 4月も半分を過ぎまして、ここ最近は日中の最高気温が25度以上となる夏日も多くなってきました。

 窓を開ける事が多くなるこの時期、以前より網戸の動きが悪くなったと感じた方もいるかと思います。

 ほとんどの場合は網戸レール周りに集まった小さな砂利や塵のせいですが、それを取り除いても直らない場合は「網戸の戸車の劣化」を疑ってみてください。

 玄関の引戸のように頻繁に開け閉めしてる箇所の網戸で特に多いのですが、10年以上も使っている場合は戸車が擦り減っています。

 戸車を交換すれば元通り動くようになりますし、交換の費用も少額なのでお気軽にご相談ください。


 さて、前置きはここまでとして、本日は3月中旬に上棟した西尾市緑町の新築現場「I様邸の造作工事」の様子をお伝えいたします。

 上棟から約1ヶ月が過ぎ、外壁下地の取り付けも済んでおり、造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)も折り返し地点を過ぎました。

 IMG_0761.JPG
 西尾市緑町I様邸〜破風と鼻隠しの表面の鋼板巻き完了

 IMG_0766.JPG
 外壁仕上が鋼板の縦張りなので横胴縁

 IMG_0773.JPG
 壁付ガス給湯器を取付する部分の補強

 外壁仕上のGL鋼板8山折りは表面の凹凸が大きいので通気スペースが有りますが、横方向に取り付けた胴縁の所々にもスキマを設けて通気層を増やしています。
 なお、外壁下地には経年劣化や湿気による劣化に強い耐性を持つ桧(ヒノキ)材を使用するのが弊社の標準仕様です。

 IMG_0657.JPG
 3月末の様子〜2F寝室クローゼットスペースから撮影

 IMG_0747.JPG
 現状〜外壁の断熱材も入り、天井下地せっこうボード済

 IMG_0752.JPG
 2階には居室が3部屋〜壁の木下地の施工が済みました

 IMG_0755.JPG
 1階LDKのキッチン部分〜この後、壁下地の取付予定

 IMG_0754.JPG
 キッチンと洗面室の間仕切壁〜奥の青黒い面は耐力面材

 IMG_0756.JPG
 洗面室側から〜青黒面は耐力せっこうボードEXハイパー

 IMG_0758.JPG
 浴室の現状〜来週末、システムバスLIXILリデア施工予定

 LDK南壁際のリビング階段部材も近日中に弊社に入りますので、入荷次第で取り付け施工の段取りを組み工事を進めます。

 造作工事は5月中旬過ぎ位に完了する工程、もう折り返し地点を過ぎました。


 さて、本日はここまでとして、次回は本日(4月17日)上棟をおこなっている新築現場「刈谷市東境町H様邸」の様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 10:53| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月05日

刈谷市東境町H様邸 基礎工事が進んでいます

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 今年は少し遅れていた桜の開花も今週の暖かさで満開となり、この週末はお花見日和となりそうです。

 小学校には新一年生が慣れないランドセルを背負って通い始め、新たに中学一年生となり自転車通学や電車通学をされるお子さんもいらっしゃいます。

 我が家も長男の通学用と末娘用に2台の自転車を購入しましたが、くれぐれも交通事故に合わないよう慎重に乗ってほしいと願っています。


 さて、前置きはここまでとして、本日は「刈谷市東境町H様邸」の基礎工事の進捗状況をお伝えいたします。

 4月中旬の上棟に向けて、順調に工程が進んでおります。

 CIMG7915.JPG
 H様邸〜油圧ショベルで基礎範囲を掘り、砕石入れ転圧

 CIMG7918.JPG
 防湿シート敷設の後、ベース(底盤部分)型枠を組立て

 CIMG7919.JPG
 この写真中央の部分、凹んでいる所に地中梁が入ります

 IMG_0491.JPG
 基礎鉄筋の施工〜地中梁は予め組んだ形で搬入してます

 IMG_0514.JPG
 後日、鉄筋検査の様子〜構造計算の設計通りかチェック

 IMG_0512.JPG
 コーナー近影〜基礎の外周部分は地面から40cmの深さ

 IMG_0496.JPG
 地中梁の近影〜地面の中に造成する鉄筋コンクリート梁

 IMG_0505.JPG
 内部立上り近影〜内壁(屋内の間仕切壁)の下部分です

 IMG_0504.JPG
 基礎かぶり厚〜透湿シートから鉄筋下のコンクリート厚

 IMG_0521.JPG
 配管スリーブ周り補強〜この中に給水管と給湯管を設置

 IMG_0572.JPG
 ベース部コンクリート打〜圧送ポンプ車のホースを使用

 IMG_0571.JPG
 地中梁と外周部分、深い所から順番にコンクリート打設

 IMG_0574.JPG
 底盤(平部)コンクリート打〜表面をトンボで均します

 IMG_0578.JPG
 ベースの打設から数日後〜基礎の立上り型枠を組みます

 IMG_0588.JPG
 立上り型枠組み完了〜この後にアンカーボルト等を設置

 先週末に立上り部分のコンクリート打設も済ませており、4月上旬の現在はコンクリート強度を出す為の乾燥養生(触らずにそっと保護しておく事)期間です。

 来週の後半あたりに土台を敷いて大引を組んで、上棟前の床組みをおこないます。

 再来週の4月17日(水)大安に上棟を予定しております。


 さて、長くなっておりますので本日はここまでとして、次回は他の現場の様子をお知らせいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 20:49| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月23日

西尾市緑町I様邸 上棟しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 私事ですが今週の火曜日、我が家の長男が小学校を卒業しました。

 在学中に色々な事が有りましたが、何といっても一番大きな出来事は学習環境オンライン授業の一般化だったと思います。

 インフルエンザや新型コロナで学級閉鎖になっても支給されているiPadが有るので、マイクロソフトのチームスでオンライン授業をおこなっていました。

 体育や図画工作といった実地作業のある授業のみ足りなければ補講を実施すれば済み、音楽の授業すらオンラインで縦笛の練習とかしていたのを覚えています。

 ただ、自宅にWi-Fi(無線LAN環境)が無いご家庭は何らかの方法で通信環境を確保する必要があり、それのみ他人事ながらどうしているのか気になりました。


 さて、前置きはここまでとしまして、ここからは先週金曜日に上棟をおこなった「西尾市緑町I様邸」の進捗状況をお伝えします。

 15日に無事に上棟、今週前半で屋根瓦ぶきを済ませて、来週早々に外部の鋼製建具(アルミサッシ)施工をおこないます。

 IMG_0373.JPG
 I様邸〜上棟の数日前に床組み、基礎に土台を敷きます

 IMG_0379.JPG
 土台に大引(おおびき)組んで格子状マス目が出来ます

 IMG_0381.JPG
 格子状マス目に高密度グラスウール断熱材を組入れ固定

 IMG_0384.JPG
 剛床(直張り合板)固定して保護養生シートを貼ります

 これで上棟前の1F床組み作業が完了、その上に柱や梁といった軸組材(家の主要な骨組み材)を置いてブルーシートを被せて保護して、周囲に仮設の鋼管足場を設置します。

 IMG_0440.JPG
 15日(金)上棟〜朝8時頃、大工さん7人で上棟を開始

 IMG_0444.JPG
 役割分担をおこなって、最初に1F全ての柱を建てます

 IMG_0445.JPG
 長いのは通し柱(とおしばしら)〜1階と2階を貫く柱

 IMG_0448.JPG
 次に、通し柱に胴差(どうさし〜柱の胴に組む梁)固定

 IMG_0450.JPG
 胴差を組んだ後、2階梁(はり)組み

 IMG_0451.JPG
 2階梁の上に剛床(厚24mm合板)を固定、足場を確保

 この後、1階と同様に2階の全ての柱を建てた上に軒桁(のきけた)を組み、小屋梁(こやばり〜最上階の天井部の梁)を組んで、その上に小屋束(こやつか〜屋根の中の柱)を建てたところで昼食休憩としました。

 IMG_0458.JPG
 小屋束上に母屋(もや)と棟木(むなぎ)を組んで固定

 IMG_0462.JPG
 屋根垂木(タルキ〜屋根下地の角材)を専用ビスで固定

 IMG_0465.JPG
 垂木に野地(のじ〜屋根の下地板)を取り付けています

 IMG_0467.JPG
 外壁周りに不燃材(厚12mmせっこう板)を釘打ち固定 

 IMG_0470.JPG
 午後5時で当日作業は終了、後片付け

 この後、お施主様ご家族をお呼びして上棟式をおこないました。

 IMG_0488.JPG
 翌週18日(月)〜屋根の瓦ぶきを開始

 IMG_0479.JPG
 屋根の野地板にゴム層付ルーフィングシート敷いてます

 IMG_0480.JPG
 白テープは屋根フラット瓦を釘打ち固定する為のガイド

 この後、ヒノキ材の屋根下地(瓦を固定する為の下地木材)を屋根面に取り付けて垂木に釘打ち固定してから瓦を屋根に上げます。

 IMG_0481.JPG
 昇降機を使って瓦を屋根まで運び、数枚毎にまとめ置き

 IMG_0483.JPG
 平板瓦の中でも凹凸の少ない栄四郎瓦プラウドプレイン

 IMG_0482.JPG
 屋根の棟(むね)にある黒い所は棟換気(換気スター)

 来週早々に外部鋼製建具(アルミサッシ)を取り付けた後に外壁面に透湿防水シートを張り巡らせて、その上から外壁下地のヒノキ胴縁を取り付けます。

 まだ先は長いですが6月下旬お住い(建物部分)が完成〜7月上旬のお引渡し予定で工程が進んでおります。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は先週末より着工した新築現場「刈谷市東境町H様邸」の基礎工事の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 15:51| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする