2018年09月07日

安城市尾崎町K様邸 上棟が完了しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 猛烈な勢力のまま襲来した台風21号、それから日を置かずに発生した「北海道中央部の地震」と連続した天災に大きな被害が出た一週間となりました。

 弊社のある安城市の古井町では、他の地方と比べて大きな被害は出ていないのですが、台風が襲来した4日の昼ごろから5〜6時間の停電がありました。

 明るいので屋内での事務仕事はできましたが、パソコンが使えないので図面作成が不可能〜3時間くらい待っても回復しないので、あきらめて帰りました。

 普段あたりまえにある物が無くなると、日頃の生活の便利さを痛感しますね。

 例えば、弊社トイレの便器、水道直圧式タンクレス型なので停電したら簡単に使えません。

 昔ながらのロータンク型(レバーをひねって排水)ならば停電しても普段通りに使えますが、断水していたら使用不能となります。

 普段からの天災に対する備えについて、あらためて備蓄したいと思いました。


 さて、前置きはここまでといたしまして、本日の当ブログでは「安城市尾崎町のK様邸」の上棟時の様子をお伝えします。

 9月5日(水)友引〜台風21号が襲来した翌日、無事に上棟が完了しました。

 
 「安城市尾崎町のK様邸」〜9月5日の朝7時に撮影した写真
 台風の暴風雨対策、現場に被せて固定したブルーシート撤去

 
 上棟(じょうとう)最初は「柱立て」、1階の全ての柱を立てる
 長い柱は基礎から2F屋根まで貫く「通し柱(とおしばしら)」

 
 通し柱の胴(どう・・・真ん中)に組まれる梁が「胴差(どうさし)」
 この胴差に2F床梁(ゆかばり)を組み付け、小梁を入れます

 
 午前11時頃〜2階の床梁と小梁の固定が全て完了しました
 次は、この「2F床組み」に「床下地の直張り合板」を取り付け

 
 厚み28mm直張り合板の取り付け、床梁に四周釘打ち固定
 直張り合板を敷いて固定し、安心して作業できる足場が完成

 
 お昼休み後の午後1時半〜2階の管柱(くだばしら)を立てる
 この後、小屋組(こやぐみ・・・屋根の骨組み)をおこないます

 
 まず、軒桁(のきけた)を組んで、小屋梁(こやばり)組み付け
 その上に小屋束(こやつか)を立て、天びん(2重梁)を組む

 
 天びんに母屋(もや)という横架材(水平方向の角材)組付け
 母屋に、屋根下地の細い角材「屋根垂木(やねたるき)」固定

 ちなみに、屋根の一番高い所「棟(むね)」にある母屋は「棟木(むなぎ)」と呼ばれ、この棟木を組んだら「棟が上がった」〜「上棟が成った」という事になります。

 午後5時過ぎには日が陰り、翌日も晴天が予報されていたので野地板(のじいた・・・屋根の下地板)の施工は持ち越し、現場の片付けをおこなって〜上棟日の作業は完了としました。

 
 午後5時半頃、お施主様をお呼びして上棟祭(じょうとうさい)
 無事に上棟できた事に、感謝を捧げる祭典(セレモニー)です

 地方や宗派によって少々差異がありますが、一般的には、大黒柱の前に祭壇を設けて供物(米と塩と酒)をささげて、2礼2拍手1礼から執り行います。

 その後、鬼門(きもん・・・東北の方角)から順番に建物四方に供物をささげる祭典「四方参り(しほうまいり)」をおこないます。

 
 四方参りの様子、棟梁(とうりょう・・・大工さん)がお酒を奉納
 お施主様の御主人が「お米」、奥様が「お塩」を供えた後です

 この後、祭壇の前に戻り、礼をして感謝を捧げて、一連の上棟祭が完了しました。

 
 上棟の翌日(6日)、お昼前〜大屋根の野地板の施工が完了
 湿気による劣化に強い耐性を持つ「杉赤味(あかみ)板」です

 この週末には再び天候が崩れる予報になっているので、迅速に雨養生(あめようじょう・・・雨に対する備え)を済ませました。

 現時点では、屋根面のゴム層付ルーフィングシート敷きが完了して、雨に濡れる恐れのある部分の外壁面にブルーシートを張って保護しています。


 さて、本日はここまでといたしまして、次回の記事の投稿は来週末にて、他の各現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 19:33| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

西尾市 I 様邸 大規模リフォームの造作が佳境です

 少々お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 前回の記事の末尾で、次回は「安城市尾崎町のK様邸」の様子をお伝えすると書いたのですが、「土台敷き等の様子を撮った写真データ」を誤って紛失しました。

 
 安城市尾崎町K様邸〜基礎の立上り部分へコンクリート打設
 写真はお盆休み明けに撮影、8月末で土台敷き完了してます

 写真が無いので詳細に説明する事ができませんが、8月30〜31日にて、土台敷きと大引組み、床下の高密度グラスウール断熱材を組みこんで、床下地の直張合板を固定した上に床保護シート貼り、その上から厚手ブルーシートを張って雨養生しています。

 以上の理由により、申し訳ありませんが予定を変更して、本日の当ブログでは造作工事が佳境に入っている「西尾市 I 様邸の大規模リフォーム」の進捗状況をお伝えいたします。

 
 8月28日、今週の火曜日の様子〜玄関ホールの天井を撮影
 左側は和室、階段の左の窓のある部屋はトイレ、右側はLDK

 
 和室の壁下地を撮影〜中央の床、少し低い所に畳を敷きます
 「畳を敷いた時、周囲の床と段差が無い」、つまりバリアフリー

 
 8月30日、玄関から和室とホールの天井を撮影しています
 天井は桧(ヒノキ)無節板張り仕上、壁面の下地板を施工中

 
 本日の午前10時に撮影〜壁下地板の取付が完了してます
 ちなみに写真の右端、明るくなっている所は「洗面脱衣室」

 
 トイレ〜床の黒い突起は便器の排水管
 壁面に「桧(ひのき)無節板」張ってます

 
 トイレ天井を撮影〜壁の配管の所に換気扇を取り付けます
 写真の右半分は階段下となっている為、天井高が低いです

 来週早々には造作(大工さん担当の屋内での木工事)が完了して、壁紙クロス貼り等の内装工事を進めて、トイレ腰掛便器や洗面化粧台等の住宅設備機器の設置をおこないます。

 いよいよ最終段階〜ラストスパート、再来週末に「完成お引渡し」となります。


 さて、本日はここまで、次回のブログ記事アップは来週末に「安城市尾崎町のK様邸」の上棟の様子をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 17:24| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

浜屋町公民館 造作工事が進んでおります

 お久しぶり・・・でも無いですね。先週の土曜に記事を投稿してたので、3日間ぶりです。

 アンモクの大橋です。

 本日の午後は、いきなり天候が急変〜雨が降ったり止んだり不安定な天気になっています。

 ヤフー天気やNHKのTV天気予報では、午後も「晴れ」又は「くもり」だったはずなのですが、一体いつのタイミングで予報が変わったのでしょうか。

 そういえば最近は「ゲリラ豪雨」は頻繁に耳にしますが、「夕立ち」という言葉を使わなくなった様に思います。

 私が子供の頃(約30〜40年前)、夏は夕方になると黒雲が出てきてドザァーと大雨に見舞われる「夕立ち」が厄介者のような扱いでしたが、今となっては懐かしく良い思い出になっています。


 さて、前置きはここまで、本日の当ブログでは今月1〜2日に上棟をおこなった「浜屋町公民館」の造作工事の進捗状況をお伝えいたします。

 
 17日、大広間な会議室(畳48枚分の広さ)の天井下地組み
 複数の脚立に足場板を通して組んだ「簡易足場」の上を移動

 
 エア工具の釘打ち機を使い、格子状に天井下地を組み付け
 天井下地を組んだら、その上に断熱材をスキマなく敷きます

 
 天井下地を組む前、廊下を南の方へ向いて撮影しています
 奥に写っているのが、天井下地を組んだ後の会議室(48帖)

 
 公民館の建物の北に位置している「配膳室(広さ11.7帖)」
 天井下地を組む前、電気配線の取付が完了した状態で撮影

 
 配膳室〜天井下地を組んでグラスウール断熱材を敷き込み
 ZEH(ゼロエネルギーハウス)でも使われている「高性能品」

 
 大壁(柱を室内に見せない壁)型の和室、板の間、押入あり
 排煙規制の為、部屋の天井高を「床から2.45m」としました

 
 廊下〜天井下地板「せっこうボード」を下地組に固定しました
 これで天井下地が完成、次は外壁周りに断熱材を入れます

 
 会議室の外壁の中「柱と柱の間」にグラスウール断熱材入れ
 「長期優良住宅仕様の建物」で使う事が推奨される高性能品

 
 断熱材の耳(端の出た部分)を間柱にタッカーで打ってます
 スキマが出来ない様、断熱材の耳どおしを召し合わせ固定

 
 外壁内へ断熱材を入れて、上から気密フィルム(緑色)張り
 室内から壁体内への湿気の侵入を遮り、壁内の結露を防ぐ

 
 配膳室の外壁内への断熱材入れ、気密フィルム張りが完了
 「フィルム継目」と「窓まわり」と「端部(角)」へ気密テープ貼

 
 配膳室の内壁(南側)を撮影〜この壁の向こうは和室と押入
 この後、床面へ床仕上材「ムク(天然板)フローリング」を施工

 
 廊下の外壁内へもグラスウール断熱材入れが完了しました
 ここまで大工さん2人で作業を進めており、工程が順調です

 
 玄関の上り框(かまち)組み〜手前は引違扉サッシ(4枚戸)
 この後で壁に気密フィルム張り、端部は気密テープで目張り


 さて、だいぶ記事が長くなっておりますので、本日はここまでといたします。

 次回のブログ記事の投稿は今週末を予定、9月上旬に上棟をおこなう「安城市尾崎町のK様邸」の土台敷き及び床組みの様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 18:33| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする