2018年12月08日

昨日、上棟いたしました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 ここ2〜3日、近しい所で「寒い、冷える」という言葉をよく聞くようになりました。

 昨日夜にテレビのニュースで見た「北海道の大雪や猛吹雪」と比べたら、これぐらい何てこと無いんでしょうが、クルマのスタッドレスタイヤ交換を近々おこないたいと思いました。

 やはり何事も安全第一、積雪や凍結した道路を行き来する可能性のある方は、滑って危ない思いをする前に冬用タイヤへの交換をお勧めします。


 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは表題のとおり「安城市尾崎町のK様邸の離れ」の上棟の様子をお伝えいたします。

 母屋に隣接して建てた平屋建て、延床面積16坪の中は「ダイニングキッチン(10帖)」・「トイレと洗面脱衣室と浴室(システムバス)」・「居室(10帖)」という間取りのお住いです。

 
 「安城市尾崎町のK様邸の離れ」〜7日(金)朝8時頃に撮影
 上棟(じょうとう)は先ず「柱立て」から、全ての柱を立てます

 
 この日の上棟の為に集まった大工さん、総勢5人で「柱立て」
 写真の奥、ブルーシートが張ってある所が「既設との接続部」

 
 柱が立った上に、梁(はり)・桁(けた)という横架材を組みます
 平屋では、これが小屋組(こやぐみ〜屋根の骨組)と成ります

 
 小屋梁(こやばり)上、屋根内の柱「小屋束(こやつか)」立て
 その上に横架材「天びん」を組み、「母屋(もや)」を組みます

 
 母屋と棟木に、屋根下地の角材「屋根垂木(やねたるき)」組み
 写真は、軒桁(のきけた)に垂木を専用ビスで固定している様子

 
 午前11時頃の様子〜小屋組(屋根の骨組)が完成しました
 この後、垂木に屋根の下地板「野地板(のじいた)」を釘打ち

 
 エア釘打ち機を使って、屋根垂木に野地板を固定しています
 野地板には、湿気によって劣化しにくい「杉の赤味板」を使用

 
 お昼の休憩の少し前〜午前中で屋根の半分くらい済みました
 野地板を手元まで渡す人、釘を打つ人、効率良く施工します

 
 午後2時半ごろ撮影〜屋根の野地板が全て完了しています
 後日、野地板の上にルーフィングシート張り、瓦下地を固定

 
 同時刻、並行作業で外周部の柱に防腐防蟻剤を塗っています
 「地面から1.5mの高さ」までは、防腐防蟻処理の必要があり

 
 午後4時半頃に撮影〜せっこうボードを外壁面に張ってます
 防火構造にする為、鋼板張り外壁の下地には不燃材が必要

 
 午後5時頃に撮影、暗くなったので当日の作業は「ここまで」
 屋内外の片付をおこない、大工さんを労い、翌日に備えます

 本日の8日(土)、屋根職人さんがルーフィングシート張をおこなって、来週の月曜に外部建具の樹脂アルミサッシを取り付け、近日中に外壁面に透湿防水シート施工を予定しています。

 そこまで工程が進めば「外周り雨養生(風雨に対する備え)が完了」となり、安心して年末年始を迎えられます。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は来週中旬あたりに他現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。



posted by ohashi at 10:46| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

12月22〜23日(土日) 完成見学会&分譲相談会

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 「光陰矢のごとし」、いよいよ今年も残す所あと1ヶ月となりました。

 年賀状の準備、お歳暮(年末ご挨拶)、賞与と年末調整といった「年越しの恒例行事」が目白押しとなっており、非常に気忙しい12月のスタートです。


 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは、今月22〜23日(土日)に完成見学会を開催させていただく「安城市尾崎町のK様邸」の進捗状況、その際に同時開催をおこなう「隣地2区画の分譲相談会」について、お知らせいたします。

 
 「安城市尾崎町のK様邸」〜延床面積が約46坪の2世帯住宅
 昨日、鋼管足場(外部の仮設足場)の撤去をおこなっています

 
 ZEH(ゼロエネルギーハウス)〜太陽光発電パネル4.5kw有
 外壁は高耐久サイディングFUGE、約20年メンテナンスフリー

 
 玄関ホールの今朝の様子〜これから壁下地ボードを張ります
 天井は「桧(ひのき)無節板張り」、壁は左官しっくい塗り仕上

 
 1階から階段を撮影〜明るい階段ホール
 ここの壁下地ボード取付は完了してます

 
 2階の洋室(北側)〜右の引違い窓は南東面に向いています
 壁下地ボードが完了しており、来週から壁紙クロス貼り開始

 まもなく造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)が「概ね完了」となる目処が付いたので、次の工程の内装工事(壁紙クロス貼、しっくい系ハイブリッド塗材「ウォーロ」塗り)を進めます。

 いよいよ完成に向けた最終段階、今週末は大工さんがラストスパートです。


 次に、ここからは完成見学会と同時開催をおこなう「隣地2区画の分譲相談会」について、概要をご説明いたします。

 
 「安城市 尾崎町 中屋敷」のB地区(奥側)とC地区(道側)の完成イメージ
 上記K様邸の隣地2区画、建築条件付(弊社アンモク施工)で分譲します

 
 上の画像(完成後の外観パース)の配置図〜左がB地区で、右がC地区
 面積はB地区の方が広いですが、上から巾2.7mは「隣地との共用通路」

 建て売り(家を建ててから土地ごと売る)物件ではなく「売り建て(土地の契約の後で、自由設計で家を建てる)」となりますので、上の2点の画像はあくまで「建築例」です。

 ちなみに今回の土地の本体価格は、B地区「1800万円(73坪、ただし共用通路19坪を含む)」、C地区「1950万円(58坪、既存電柱の移動可)」、別途必要となる諸費用については不動産仲介会社「センチュリー21ベストライフ」までお問い合わせください。


 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は来週末にて他の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 15:13| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

日が暮れるのが早くなり、外装工事が大変です

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 11月も下旬となり、日が暮れるのが早くなりました。

 夕方5時には既に薄暗くなっており、外壁工事や屋根工事と言った「屋外での工事」は早めに切り上げるか、やむを得ない場合は照明器具で照らしながら進めなければなりません。

 弊社の現場では「安城市池浦町のK様邸」の外壁ガルバリウム鋼板張りをまもなく施工するのですが、安全と施工精度の面で「日中」のみの施工で進めたいと思います。


 さて、前置きはここまでとして、本日は「安城市桜井町のS様邸」の外装工事の進捗状況と「安城市の浜屋町公民館」の玄関タイル貼とトイレ間仕切り設置の様子をお伝えいたします。

 
 「安城市桜井町のS様邸」〜外壁GL鋼板張り、雨樋が施工済
 軒天井(軒裏)も油性塗料(オイルペイント)塗装が済みました

 
 外壁:ガルバリウム鋼板(角波)張り仕上
 耐候性に優れ、再塗装は約30年も不要

 
 勝手口の上部を撮影〜勝手口は使い勝手の良い「スライド扉」
 扉を開け閉めする時、自分が動かなくても済むので「楽」です

 外部足場が必要な工事が完了したので、まもなく鋼管足場を撤去いたします。

 さて、ここからは「安城市の浜屋町公民館」の進捗状況をお伝えします。

 
 「安城市の浜屋町公民館」〜先週末の玄関部分の様子です
 写真左側はスロープ、玄関ポーチの下地モルタル塗が完了

 
 玄関の内部〜左官職人さんがタイル貼の下地を造っています
 奥から玄関サッシ側へ水が流れる様、緩い勾配が付いてます

 
 玄関内モルタル下地ができたので、磁器質タイルを敷きました
 少し間を置き、目地(タイルとタイルの間のスキマ)を塗り込み

 ここからは、屋内に入って、トイレブース設置の様子をご紹介します。

 
 トイレブース(トイレ個室を区分けする薄い間仕切り壁)設置
 最初に「間仕切り支柱を立てる位置」を決め、金具を取り付け

 
 トイレブース取付が完了〜女性用トイレ
 加工済の既製品を組み上げるので簡単

 
 男性用トイレ〜腰掛便器の個室が1つ
 左の壁に沿って、小便器を2セット設置


 さて、記事が少々長くなっておりますので、本日の現場紹介はここまでといたします。

 次回のブログ投稿は来週末あたり、来月下旬に完成見学会を開催する「安城市尾崎町のK様邸」の完成間近となった屋内造作の様子をご紹介したいと思っております。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 18:56| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする