2019年09月20日

桜西公民館コミュニティセンター 基礎工事その2

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先日の台風15号は各地に大きな被害をもたらしましたが、今週末は台風17号が沖縄〜九州北部〜日本海へ進むようです。

 たとえ台風の進路から大きく離れていても、台風が秋雨前線を刺激して大雨が降り続く可能性があるので油断できません。

 気象情報を細かくチェックして、「土砂崩れの心配がある山のふもと・川の近くで冠水しやすい低い地域」に住んでいる方は、あらかじめ避難の準備を整えておく事をおすすめします。


 さて、前置きはここまで、ここからは前回の続き「桜西公民館コミュニティセンターの基礎工事」の鉄筋検査〜基礎ベース(底盤)コンクリート打設の様子をお伝えいたします。

 IMG_7463.JPG
 鉄筋検査〜底盤(ベース)部の鉄筋組み、20cm角の格子状

 IMG_7449.JPG
 建物の外周〜基礎の立ち上がり部とフーチングの鉄筋組み

 IMG_7432.JPG
 内壁(間仕切り壁)の下部、基礎の立ち上がり部の鉄筋組み

 IMG_7433.JPG
 ベース鉄筋のコンクリートかぶり厚、6cm以上を確保します

 IMG_7437.JPG
 上に間仕切り壁のある地中梁(ちちゅうばり)部分の鉄筋組み

 IMG_7457.JPG
 建物の中央、上に間仕切り壁の無い所の地中梁の鉄筋組み

 IMG_7472.JPG
 建物コーナー部の鉄筋組み〜縦の鉄筋は20cm間隔で配置

 IMG_7505.JPG
 鉄筋検査が全て完了した状態〜基礎の全景を撮影しました

 ここまでが基礎の鉄筋検査の様子で、以下が基礎ベース(底盤)コンクリート打設です。

 IMG_7514.JPG
 基礎のコンクリート打設する前に、コンクリート品質をチェック

 IMG_7517.JPG
 テストピース(検体)を採取して、硬さや成分をチェックします

 IMG_7527.JPG
 設計どおりの品質が確認できたので、コンクリート打設を開始

 IMG_7537.JPG
 圧送ポンプ車のホースで、生コンクリートを手元まで送ります

 IMG_7534.JPG
 バイブレーター(振動機)でコンクリート内の砂利をならします

 IMG_7538.JPG
 専用トンボを使い、コンクリート表面を平坦に整えながら打設

 IMG_7541.JPG
 ベースコンクリート打設が完了〜次は立ち上がりの型枠組み

 数日後、間をおいてコンクリートが固まり強度が出てから「基礎の立ち上がり部分の型枠」を組んで、コンクリート打設をおこないました。

 IMG_7547.JPG
 立ち上がり部のコンクリート打設後、ブルーシート養生中です

 20日(金)現在では「立ち上がり部のコンクリート打設」から4日ほど経っており、まもなく型枠を取り払い、基礎の外周部の土の埋戻しを予定しています。

 天候次第で遅延の可能性もありますが、来週中旬に土台敷きを完了させる予定、再来週の10月1日(火)大安に上棟をおこないます。


 さて、本日はここまでといたしまして、次回は「蒲郡市のM様邸リフォーム」の進捗状況をご紹介いたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 20:31| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

桜西公民館コミュニティセンター 基礎工事その1

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 やっと涼しくなってきた今日この頃、季節は巡って9月も約半分が過ぎました。

 もう少しすると秋の行楽シーズンとなり、運動会などの行事も多くPTAの役員さんをしている方は大忙しですが、頑張りすぎて倒れない様〜程々に肩の力を抜きつつ頑張っていきましょう。


 さて、本日の当ブログでは表題の通り「安城市の桜西公民館コミュニティセンターの基礎工事」について、進捗状況をお伝えいたします。

 現場監理を担当されている設計事務所さんが鉄筋検査をおこない、本日13日にベース(基礎の底盤)部分のコンクリート打設をおこないました。

 IMG_7227.JPG
 基礎工事〜重機で基礎の形に地面を掘って、砕石を敷きます

 IMG_7229.JPG
 平らな部分の「砕石の厚みチェック」〜地面から厚10cm確保

 IMG_7237.JPG
 地中梁の所の砕石入れ〜地ならし用のクマデで均しています

 IMG_7239.JPG
 転圧〜ランマー(転圧機)使い、敷き広げた砕石を締め固め

 IMG_7241.JPG
 砕石敷きと転圧が完了〜高さチェックをして表面を均してます

 IMG_7242.JPG
 下から湿気が伝わらない様、砕石敷きの上に防湿シート施工

 IMG_7250.JPG
 基礎の全景を撮影〜防湿シート敷設が全て完了しています

 IMG_7253.JPG
 周りよりも深い部分は地中梁(ちちゅうばり)〜横揺れに抵抗

 IMG_7255.JPG
 捨(下地)コンクリート打の様子〜基礎の下端高さ調整下地

 IMG_7257.JPG
 捨コンクリートの厚み表示50mm〜全ての地中梁部へ施工

 IMG_7262.JPG
 地中梁部の捨コンクリート施工が完了〜これから型枠立て

 IMG_7418.JPG
 基礎の外回り(建物の外周部分)型枠を立て、しっかり固定

 IMG_7420.JPG
 基礎の立上り(外壁や内壁が上に乗る部分)の鉄筋組み途中

 IMG_7423.JPG
 基礎の立上りの鉄筋組みが完了、ベース部の鉄筋組み開始

 IMG_7426.JPG
 基礎のベース(底盤)部分の鉄筋組み、全て完了いたしました

 さて、かなり記事が長くなっておりますので、今回はここまでのご紹介とします。

 次回の記事は近日中、桜西公民館コミュニティセンターの「鉄筋の検査〜基礎ベース(底盤)のコンクリート打設」の様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。







posted by ohashi at 16:59| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

造作工事(屋内での木工事)が進んでいます

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 今日は8月31日、子供たちの夏休みが終わって来週の月曜から2学期となり、早いもので2019年も3分の2が過ぎていった事になります。

 まだまだ暑い日が続きますが、次第に朝晩が涼しくなってエアコンの出番が減って、過ごしやすい日々がやってきます。

 手前勝手ながら一刻も早く、涼しくなることを心から願っております。


 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは「蒲郡市のM様邸の増築リフォーム」と「安城市尾崎町のY様邸とS様邸」の進捗状況をご紹介いたします。

 各現場とも造作工事(大工さん担当の屋内での木工事)が進行中、並行して屋内の電気配線や給排水配管の取付を進めています。

 CIMG6274.JPG
 蒲郡市M様邸〜増築部の建方(家の骨組を組む事)時の様子

 CIMG6272.JPG
 同時刻、既設建物の中〜和室をDKへ改装、床下地やりかえ

 CIMG6275.JPG
 鋼製束の上に大引(おおびき)を固定して、根太(ねだ)を固定

 CIMG6276.JPG
 既存の土壁は壊さず、大壁(柱を隠す形)で壁仕上を再構築


 ここからは「安城市尾崎町のY様邸とS様邸」の進捗状況をご紹介、Y様邸は上棟から約2か月が経過、S様邸は上棟から約1か月が経ちました。

 IMG_7209.JPG
 安城市尾崎町のY様邸〜上棟してから約2か月が経ちました

 IMG_7208.JPG
 約20年間メンテ不要となる「高耐久サイディングFuge」施工中

 IMG_7212.JPG
 LDK(約20帖)〜天井と壁下地板の取付、まもなく完了します

 IMG_7214.JPG
 システムキッチン前の腰壁〜側面に可動テーブルを造ります

 IMG_7217.JPG
 2階〜天井下地が完了、壁下地せっこうボード取付前に撮影

 IMG_7215.JPG
 外回りの壁内には「羊毛断熱材ウールブレス」が入ってます

 IMG_7210.JPG
 写真の正面が「Y様邸」、その左隣に建っている家が「S様邸」

 IMG_7219.JPG
 S様邸の内部〜大空間LDK(約23帖)、左側は畳敷スペース

 IMG_7220.JPG
 造作工事が一段落して、現在は配管・配線工事を進めてます

 IMG_7221.JPG
 黒いパイプは2階トイレの排水管〜1階の浴室から撮りました

 IMG_7222.JPG
 浴室の床下〜青が給水管、赤が給湯管、灰色は追焚き配管

 Y様邸とS様邸は、来年の2月末〜3月初旬に工事完了予定の「公道の下水道配管の施工」を待っており、下水道に接続した後で完了検査を受けて合格した後、完成お引渡しとなります。


 さて、記事が長くなりましたので本日はここまで、次回は「(仮称)桜西公民館コミュニティセンター」の基礎工事の様子をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 
posted by ohashi at 15:54| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする