2020年12月19日

安城市赤松町I様邸 上棟いたしました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 今週からググっと寒くなって、滅多に雪が降らない安城市でも雪が降りました。

 この地域では通勤用や街乗り用の車は基本サマータイヤ、年間1〜2回ちょびっと積もる雪の為にスタッドレスタイヤに換える人は少ないです。
 自分が冬用タイヤを使っていても、周りが渋滞で動かないので結果は同じ〜と考える人も多くて、冬でもタイヤ換えない派が大半となります。

 ・・・という訳で、雪が積もってしまうと道路はノロノロ運転で大渋滞となって、普段は20分くらいの距離が1時間以上かかったりします。

 もっと積雪量が多くて回数も多ければコスパ(費用対効果)的に良いですが、現状では例えるなら「掛け捨てで割高な保険」みたいな物です。

 私事ですが、昨日ライフプラン診断士のオンライン講習を受けていてロープレ(地震保険の見直しからのトーク実演)コーナーの時、頭の片隅で「安城市での冬用タイヤ購入費も、保険等のライフプラン見直し対象になるかも」なんて事を考えてました。

 誰だって「安全第一な正論」が良いに決まってますが、実際に自分の事でお金の話になると・・・キレイ事だけでは済まなくなります。

 先週の「東京都知事の東京ガソリン車2030年まで」ニュースの件も同じ、自分の懐は全く痛まないから格好よく表明できるんだな〜なんて穿った見方をしてしまいました。

 今年も残すところ2週間、人への思いやりを忘れずに(周囲の都合も鑑みて)頑張りたいと思います。


 さて、少々長くなった前置きはここまでとして、本日は「安城市赤松町のI様邸」の上棟の様子をお伝えいたします。

 大変に寒い日でしたが、無事に上棟が相成りました。

 IMG_0552.JPG
 安城市赤松町のI様邸〜15日の朝、柱立てからスタート

 IMG_0554.JPG
 道路側〜柱立て後、奥から順番に梁桁(はりけた)組み

 IMG_0555.JPG
 1階の外廻り(家の外周)梁桁と2階の床梁組みが完了

 IMG_0558.JPG
 午前10時頃〜2階の柱立て完了、軒桁等の小屋組み開始

 IMG_0560.JPG
 お昼前〜棟木(むなぎ)を組んだので、上棟ノルマ達成

 IMG_0561.JPG
 道路から〜屋根下地の角材「屋根垂木(たるき)」上げ

 IMG_0564.JPG
 午後2時頃〜屋根側面の破風(はふ)取付が済みました

 IMG_0565.JPG
 屋根垂木が完了、これから野地板(屋根の下地板)施工

 IMG_0568.JPG
 午後4時過ぎ〜屋根面の野地板の釘打ち固定が完了です

 IMG_0569.JPG
 まもなく日暮れ〜作業の安全を考慮して本日の作業終了

 IMG_0572.JPG
 午後5時頃、大黒柱の前〜お施主様をお呼びして上棟祭

 IMG_0573.JPG
 四方(しほう)参り〜四つ角にお米・お塩・お酒を奉納

 最近では日が暮れて暗くなるのが早く、外壁まわりの耐力面材の施工は当日中に済まずに翌日以降へと持ち越しました。

 暗い中での現場作業は施工ミスや職人さんのケガの可能性が高くなるので、弊社では可能な限り避けるようにしています。


 さて、本日はここまでとして、次回は来週末あたりに他の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 12:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

某市 某邸 外壁工事が完了〜造作工事が佳境

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 昨今ずっと12月にしては比較的暖かい日々が続いておりましたが、気象予報によると来週からは寒波の勢いが強まり、冷え込みが厳しくなるそうです。

 新型コロナウィルスの新規感染者数や重症病床の使用率が増加の一途をたどっており、どうやら年末年始も全国的にステイホーム(自宅にて巣ごもり待機)が推奨されそうです。

 「来年の事を話すと鬼が笑う」とは言いますが、来年は今年のような厄災が起こらない事を願わずにはいられません。

 初詣の自粛を勧められるようになるかもしれませんが、人出の少ない時間帯を狙って氏神様だけでも詣でたいと思います。


 さて、前置きはここまで、本日は10月下旬に上棟をおこなった「某市の某邸」について、進捗状況をお伝えいたします。

 上棟から約2か月弱が過ぎて、外壁等の外廻り工事が完了しており、大工さん担当の造作工事(屋内での木工事)が佳境となりました。

 IMG_0549.JPG
 某市の某邸〜昨日の夕方に撮影、仮設足場を撤去済です

 IMG_0548.JPG
 外壁仕上材:ガルバリウム鋼板(白系色8山)張り仕上

 IMG_0550.JPG
 玄関サッシは開口幅が大きく使える袖付2枚引戸を採用

 IMG_3687.JPG
 先週の全景〜工事用の仮設鋼管足場を撤去する前に撮影

 IMG_3685.JPG
 玄関〜鋼板を桧(ヒノキ)材の外壁下地に釘打ち施工中

 外壁はガルバリウム鋼板(8山)張り仕上、屋根は防災フラット(平板)瓦ぶき仕上、ここは内陸部で潮風の影響が無い事から「約30年間は再塗装などの外装メンテナンス不要」なランニングコスト安価かつコストパフォーマンスが高い外装仕上です。

 IMG_3668.JPG
 先々週〜玄関の式台(小縁板)と上り框(かまち)取付

 IMG_3670.JPG
 トイレの北壁〜目線を遮る目隠し可動ルーバー引違い窓

 IMG_3672.JPG
 壁面の灰色部は、耐力壁せっこうボード張

 IMG_3673.JPG
 LDKキッチン区画〜天井仕上は桧(ヒノキ)無節板張

 IMG_3674.JPG
 LDK東面〜壁紙クロス下地せっこうボード張りが完了

 IMG_3684.JPG
 ホールの床仕上〜ムク(天然木)ナラ材フローリング張

 IMG_3690.JPG
 ホール北面〜左の開口はトイレ、中央の開口は洗面室へ

 IMG_3691.JPG
 ホール南面〜LDKの出入口は片引戸です

 IMG_3693.JPG
 ホール西面〜左奥は和室、ここの造作のみ残っています

 IMG_3694.JPG
 和室の西面、壁の向こう側は収納室〜天井組み前の様子

 IMG_3696.JPG
 和室とLDKの間仕切〜鴨居にある溝は引違3枚戸の為

 IMG_3695.JPG
 和室の北面〜巾2.6mの窓から周囲光が入り、明るいです

 IMG_3698.JPG
 竿天(竿縁天井)〜天井下地を組んで竿(さお)を固定

 IMG_3701.JPG
 竿天の施工の近影〜竿縁上に杉板をのせて組み付けます

 IMG_3703.JPG
 竿天できました〜この後、天井裏から断熱材を敷き込み

 IMG_3702.JPG
 別角度から撮影〜杢目(もくめ)綺麗な銘木杉板を使用

 IMG_3704.JPG
 和室の南面〜隣接するLDKは桧(ヒノキ)板張り天井

 和室以外の部屋の造作については既に殆ど完了しており、和室も天井仕上が完成したので、和室の外壁内に羊毛断熱材を入れ込んで固定した後、左官塗り仕上の下地となる壁下地を組んでいきます。

 年内には全ての造作が完了する予定になっており、次の工程「左官仕上げ塗や壁紙クロス貼等」内装工事が始まります。

 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は「安城市赤松町のI様邸」の上棟の様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by ohashi at 16:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

安城市 赤松町 I 様邸 基礎工事が完了しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 いよいよ今週から最後の月、12月〜師走(しわす)となりました。

 何かと気忙しい1年の最終月、例年ならば月後半から「クリスマス〜大みそか〜初詣お正月などのイベント目白押しの楽しい時期」となるのですが、昨今は新型コロナウィルス感染が拡大しているので、年末年始は自宅で巣ごもりする人も多いかと思います。

 最近は「新型コロナ患者の受け入れ、病院の病床に余裕が無い」といった報道が目立ってきており、この状況が続けば「あけましておめでとうございます」という年始あいさつも「年賀状か、直接に会わずにTV電話等オンラインで」なんて事にもなりそうです。

 何とも凄い時代になったものです。そうなったら良い方へ開き直って、徹底的に年末年始ずっと大掃除でピカピカにしたいと思います。


 さて、前置きはここまでとして、本日は「安城市赤松町I様邸の基礎工事」の様子をお伝えいたします。

 IMG_0413.JPG
 I様邸〜先々週の全景、ベース(底盤部)鉄筋組み開始

 IMG_0415.JPG
 前もって組んだ鉄筋を搬入、現場で組み上げていきます

 IMG_0422.JPG
 職人さん4人で施工して、基礎の鉄筋組み完了しました

 IMG_0416.JPG
 南からの全景〜1階の部分が大きい2階建てお住いです

 IMG_0423.JPG
 瑕疵担保責任保険の鉄筋検査の様子〜外壁廻り鉄筋組み

 IMG_0425.JPG
 間仕切壁(家の内壁)立上り部分の鉄筋組みのチェック

 IMG_0427.JPG
 ベース(底盤)部の鉄筋組み〜区画が狭い所は15cm角

 IMG_0430.JPG
 ベース部の鉄筋組み〜区画の広い所は、15cmx10cm

 IMG_0436.JPG
 道路側の外周部の深基礎〜ロ型の地中梁として鉄筋組み

 IMG_0437.JPG
 床下の点検時に使う人通口まわり〜斜め筋等で補強入れ

 IMG_0444.JPG
 配管スリーブ(排水管貫通セット)周り鉄筋補強の様子

 規定に基づいて鉄筋検査をおこない、問題なく合格した後日、ベース(底盤)部コンクリートを打設しました。

 IMG_0460.JPG
 ベース打設〜圧送ポンプ車で手元まで生コンを送ります

 IMG_0466.JPG
 バイブレータで振動を加え、内部の気泡を無くして打設

 IMG_0467.JPG
 打設した生コンを押さえ、表面をきれいに均しています

 IMG_0470.JPG
 ベースコンクリート完了〜数日間おき、立上り型枠組み

 IMG_0473.JPG
 基礎の立上り部の型枠組み、補強してコンクリート打設

 IMG_0476.JPG
 全景〜コンクリートの圧力がかかるので補強を施します

 IMG_0481.JPG
 つっかえ棒の様に型枠を支えて補強後、コンクリート打

 IMG_0483.JPG
 立上り部のコンクリート打設〜型枠の上で雨養生します

 IMG_0487.JPG
 一昨日の様子〜基礎の型枠を撤去、周囲の土を埋戻し中

 IMG_0488.JPG
 打設から数日間かかって乾燥が進み、強度が出てきます

 建物外周の「型枠を設置する為に深く掘った部分」の土の埋戻しが完了して、来週から土台敷き〜1階の床組みをおこなって雨養生を施して、再来週に上棟の予定です。

 さて、本日はここまでとして、次回は他の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 17:40| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする