2017年05月17日

デッキのお手入れ する派? しない派?

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 ずいぶんと暖かくなってきて、少し暑く感じるような日も多くなりました。

 これから約半年の間、冬物の上着やセーター・フリースは出番が無くなりますので、納戸やクローゼットの奥に仕舞い込む前に〜洗濯かクリーニングする必要があります。

 季節の移り変わりで毎度の事で面倒なんですが、これが済むと何故だか「すごくスッキリ」した気分になるので、苦手ではありますが嫌いではありません。


 さて、前回の追伸にて少し書きましたが、本日の当ブログでは「ウッドデッキのお手入れ」について、「ほったらかしデッキ」と「2年に一度くらい再塗装するデッキ」の『完成から約5年後の様子』をご紹介します。

 私の家には「(A)〜耐久性の高い木材で造ったデッキ、5年ほったらかし」と[(B)〜普通の木材で造ったデッキ、2年に一度くらい塗装」の2種類のデッキがあります。

 完成から約5年が経って、その表面の質感の差が大きくなりました。


 
 (A)高耐久性の木材で造ったデッキ〜約5年間ほったらかし
 上にはルーフテラス屋根があり、物干し場として使ってます

 
 近くで撮影〜耐久性の高い南洋材「セランガンバツウ」製です
 朽ちておらず頑丈ですが、材の表面はグレーに変色しました

 セランガンバツウ材を無塗装で組み上げたデッキ、最初は茶色だったのですが〜今は陽に良く当たる所は紫外線によってグレー(薄い灰色)に変色しており、雨だれ等の汚れも目立っています。


 
 (B)〜普通の木材で造ったデッキ、約2年に一度くらい塗装
 一昨年の夏、外装木部用塗料をハケ塗・ローラー塗しました

 
 土ぼこり・黄砂で白っぽくなってますが、洗えば柱と同色です
 ヒバ材デッキ塗装仕上〜木材価格はセランガンバツウ半額

 我が家にいらっしゃったお客様に、ウッドデッキの見た目の感想を聞いてみたのですが、「(B)のデッキの方が好き」という意見が大多数を占めました。

 ちなみにデッキ塗装ですが、ご自分で塗る場合は「外装木部用の塗料代、ハケと手桶やトレイ代」一式でも1万円以下〜表面をデッキブラシ等で洗ってから養生(ようじょう・・・周りが汚れない様にマスキングテープや新聞紙で覆う事)して塗装すると「約半日」くらいかかります。

 今年の初夏〜夏休み前には、塗装したいと思います。


 参考までに、他の「木材の外部あらわし」の所について、ご紹介いたします。

 
 玄関ポーチ柱:桧(ヒノキ)無節柱を塗装
 家の完成時に塗装〜5年ほったらかし

 上に屋根があるので少し劣化が遅いですが、そろそろ表面をハケで塗装したいと思います。

 大きめの脚立を持って来て、周りを養生して塗装して〜約1時間くらいで完了です。


 
 いただいた枕木2mを立てて埋めました
 元々「防腐防虫処理」されている材です

 数年前にお客様からいただいた線路の枕木、ありがたく庭に飾っています。

 うちの奥さんがバラを植えて〜その支柱として現在お役立ちです。



posted by ohashi at 12:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

久々に遠出の家族サービス  リンゴ狩り in 南信州

 昨日の夜に更新したので・・・お久しぶりではないですね。

 アンモクの大橋です。

 ここ最近ずっと、私の実家の浴室リフォームをネタにして〜当ブログ記事を書いていました。

 今日は久しぶりに秋の行楽シーズンに相応しい「家族サービス」ネタにしようと思い、先週の日曜日に行ってきた「リンゴ狩り」について書いてみます。

 我が家では毎年1回リンゴ狩りに行くのが恒例なのですが、去年は娘が生後5ヶ月だったので断念して購入のみにしました。
 その娘が最近やっと外でも歩けるようになったので〜満を持して先週の日曜日〜りんご狩りの為に南信州の飯田市へ行ってきました。


 
 天竜川くだり乗り場から少々、山の斜面にある「リンゴ園」
 手前に写ってる子はウチの娘、リンゴの前で固まってます


 このリンゴ園は「丸信農園さん」という屋号で〜入場料は予約して大人450円でリンゴ食べ放題、持ち帰る分だけが測り売りというシステムです。

 今の時期は「秋映(あきばえ)」「しなのスイート」「しなのゴールド」「しなのピッコロ」「サンふじ」を収穫する事ができ、11月下旬頃にリンゴの定番「ふじ」が出てくるそうです。

 
 「しなのゴールド」、その名の通り黄色のリンゴです
 さわやかな酸味あり、さっぱり食べやすい大玉リンゴ


 
 「しなのピッコロ」、他のリンゴに比べて少々実が小さい
 ちょうど熟した?〜甘味と酸味のバランス良かったです


 
 ちょうど食べ頃となっている定番のリンゴ「サンふじ」
 「ふじ」に比べて小さめ?〜私は好きなサイズです


 
 昼食タイム〜この場で食べていく分のリンゴ代は無料です
 家族4人で大小リンゴ合わせて、7個くらい食べられましたよ
 (3歳の息子一人で2個近く食べました、入場料タダなのに)


 そんなこんなで大人2人の入場料900円と持ち帰りお土産分で、しっかり家族サービスする事ができました。(・・・と思っております、奥さんも息子も娘も喜んでたし。)

 安城市の北部からは高速を使って約2時間(トイレ休憩を含む)、近すぎず遠すぎず〜ちょうど良い距離にあるので我が家は毎年このリンゴ園に行っています。
 「リンゴ園への山道と入口が少し狭いので、大きな車だと気をつかう事」以外は、非のつけ所が無いと個人的には思っています。


 最後にこのリンゴ園の変わった名物をご紹介します。

 
 キャビン(人が乗る所)の屋根をぶった切った軽トラック
 このリンゴ園は斜面にあるので、リンゴ運ぶのに大活躍


 
 リンゴの枝の下を通り抜ける為、屋根を切ったそうです
 車検は通らないのでナンバー無し、敷地内のみで利用
posted by ohashi at 16:58| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

シルバーウィーク きちんと家族サービスしましたよ

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先週末の9月19日(土)〜23日(祝・秋分の日)、数年ぶりとなる大型連休「シルバーウィーク」が発生しました。

 ちなみに私は連休の前半は会社で打合せや図面作成等の仕事をしてまして、後半で実家と我が家の家族サービスをしました。
 「お彼岸」ですから、自分の家と奥さんの実家のお墓参りにも行ってきましたよ。

 今回は久しぶりに、一昨日と昨日の家族サービスで行った所をご紹介します。


 まずは、一昨日に行ってきた半田市の「彼岸花の名所」です。

 愛知県の知多半島の半田市、新美南吉記念館のスグ近くにあります。
 (新美南吉は戦前の児童文学作家、半田市出身、代表作は「ごん狐」など、亡くなる直前まで安城高等女学校(今の安城高校)の教員をしていました。)

 
 川沿いの土手に延々と数キロ、彼岸花が咲いてます


 
 右に見切れているのは、当社の会長(私の父です)


 
 土手の上のお地蔵さん、ほっこりと佇んでいます


 
 お彼岸の前後の一週間が、ちょうど良い見頃です


 実家の家族サービス(私が一緒に行くと運転者がいるので〜父が食事の時にお酒を飲めます)のお供に付いていったのですが、年配のご夫婦はもちろん所々に若いご夫婦、出産間近の妊婦さんやお子さん連れの一行まで、幅広い年代の見物客の方々がいらっしゃいました。

 ちなみに食事処お勧めは、入口近くにある「寿司ダイニング」のようなお店です。

 お昼は2000円と2800円(税込)の2コースがメインとなっており、寿司がメインのコース料理(デザート付〜この時期はメロンプリンwithナタデココ)が頂けます。
 2000円と2800円の差は寿司ネタとサラダ、夜はプラス500円ほど料金が上がります。

 この時期は予約をしなければ食事ができない程の混み具合となっていますが、普段の週末や祝日であれば、問題なく入れそうです。


 昨日(秋分の日)は家族サービスで「浜松のフルーツパーク」に行ってきました。

 ここは新東名高速の浜松サービスエリア付近にある市営テーマパークで、入口の「西エリア」には大きなスベリ台などの遊具が幾つもあってイベントスペース等があり、「東エリア」には様々な果樹が栽培されており時機によって様々な果物の収穫体験「りんご狩り等」ができます。

 ウチの奥さんは自宅でパンを作るのですが、アケビで酵母を作る為「アケビ狩り」でアケビを入手する為にフルーツパークにやって来ました。
(なぜか今年は期間が短く、アケビ狩りは20日〜23日までとなっていました)

 
 「東エリア」の渓谷にかかっている「フルーツ大橋」


 
 お目当てのアケビ園 : ブドウの様に実が生ります


 
 ウチの娘、アケビ収穫後、テーブル下でセンベイかじってます
 (手前の板は屋外テーブル、設置後おそらく数年経ったの品)


 アケビの他にも「イチヂク狩り」を開催していたので、参加して収穫してきました。

 基本的には「〜狩り」で採った分だけの測り売り、他にも朝採りの栗やマンゴー等も受付にて販売しています。
 フルーツパークのホームページで現在開催している「〜狩り」が発表されているので、行く前に見てから会場入りする事をお勧めします。
posted by ohashi at 16:38| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする