2019年07月21日

内装と水回りリフォーム、進んでいます

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 梅雨も後半に入っている今日この頃、雨天つづきで基礎コンクリート打設等を延期するケースが多くなってきました。
 完了お引渡し時期に支障が出ないよう余裕を持った工程組みをしているとはいえ、予定を2回も延ばすとなると流石に気が焦ってきます。

 もう充分に雨が降り続いており、水不足の心配も消えましたから、勝手ながら早々な梅雨明けをお願いしたいです。


 さて、前置きはここまでとして、本日は先々週から始めた「内装と水回りリフォーム」の進捗をご紹介いたします。

 板の間をDKへと造り替え、システムキッチンとカウンターを据え付けるリフォーム工事、7月上旬に解体からスタートしました。
 
 IMG_6762.JPG
 解体開始〜柱が見える真壁式の板の間、押入と廊下の一部

 IMG_6764.JPG
 昔ながらの板の間〜出窓になっており、その下は地袋でした

 IMG_6769.JPG
 床板をめくって床下地を解体して、束石を据え直しています

 IMG_6771.JPG
 既存の天井の解体完了〜屋根裏がアラワシ状態になりました

 IMG_6780.JPG
 束石の上に鋼製束を立てて、床下地材の大引(おおびき)組み

 IMG_6796.JPG
 縁タルキを組んで断熱材を入れ、桧(ヒノキ)合板を敷きました

 IMG_6800.JPG
 壁下地と天井下地を組んでます〜この際、電気の配線を設置

 IMG_6818.JPG
 厚155mm天井断熱材を設置〜ZEHにも使われる高性能品

 IMG_6945.JPG
 壁紙下地せっこうボード施工済〜地袋はカウンター収納へ

 IMG_6951.JPG
 天井面と壁面、壁紙下地せっこうボード取付が完了しました

 IMG_6949.JPG
 中央の腰壁(高さ約1mの壁)の所にシステムキッチンを施工

 IMG_6941.JPG
 キッチンを設置する腰壁の反対側、幅広カウンターを造り付け

 IMG_6950.JPG
 出窓のカウンター収納(天然木の積層板)

 IMG_6944.JPG
 システムキッチンのコンロ部、配管が完了

 大工さん担当の造作工事(屋内での木工事)が完了した状態で、現在は壁紙クロス貼工事が進んでおり、まもなくシステムキッチン施工と建具工事(戸や収納扉の取付)が始まります。


 さて、本日はここまでといたしまして、次回の記事更新は今週の中頃くらいを予定〜「27〜28日に完成見学会を開催するH様邸」の近況をご紹介いたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 
posted by ohashi at 09:57| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

8月開催の工作大会 試作品のご紹介 

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 本日の当ブログでは、先日の予告通り「8月10日(土)に開催予定の工作大会」について、試作品ができあがりましたのでご紹介いたします。

 DIY建材アウトレット処分セールと同時開催する「夏の親子工作大会(仮称)」、工作をするには作業スペースと材料キットの準備が必要なので、工作の参加は事前予約制(応募)といたします。

 IMG_6925.JPG
 その1「壁掛け小物ラック」〜封筒やカギ等を収納する小物入

 IMG_6928.JPG
 その2「メッセージボード」〜チョーク使って記入するミニ黒板

 IMG_6930.JPG
 その3「アウトドア床置テーブル」〜運動会等のお食事用です

 IMG_6920.JPG
 その4「手造りスマートボール」〜木で造る懐かしいパチンコ

 IMG_6914.JPG
 その5「大型フラワーポッド」〜天然木で造る大型プランター

 応募の期間については「7月27〜28日のH様邸の完成見学会の会場」にて先行応募をおこない、その後、7月29日〜8月3日の期間中にお電話かメールでの御予約を受付いたします。

 お申込みの際には、上記の候補の中から製作するものを選んで「工作大会の件」とお伝えください。

 午前の部で朝10時〜限定10組、午後の部で午後1時〜限定10組、合計20組の枠が埋まり次第で応募終了となります。

 会場は弊社アンモクの住い「安城木材市場(安城市古井町軽桶15番地)」の倉庫内、お気軽に存分にお楽しみください。


 さて、本日はここまでとして次回の記事は来週末あたり、現在進行中の現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 14:52| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

デッキのお手入れ する派? しない派?

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 ずいぶんと暖かくなってきて、少し暑く感じるような日も多くなりました。

 これから約半年の間、冬物の上着やセーター・フリースは出番が無くなりますので、納戸やクローゼットの奥に仕舞い込む前に〜洗濯かクリーニングする必要があります。

 季節の移り変わりで毎度の事で面倒なんですが、これが済むと何故だか「すごくスッキリ」した気分になるので、苦手ではありますが嫌いではありません。


 さて、前回の追伸にて少し書きましたが、本日の当ブログでは「ウッドデッキのお手入れ」について、「ほったらかしデッキ」と「2年に一度くらい再塗装するデッキ」の『完成から約5年後の様子』をご紹介します。

 私の家には「(A)〜耐久性の高い木材で造ったデッキ、5年ほったらかし」と[(B)〜普通の木材で造ったデッキ、2年に一度くらい塗装」の2種類のデッキがあります。

 完成から約5年が経って、その表面の質感の差が大きくなりました。


 
 (A)高耐久性の木材で造ったデッキ〜約5年間ほったらかし
 上にはルーフテラス屋根があり、物干し場として使ってます

 
 近くで撮影〜耐久性の高い南洋材「セランガンバツウ」製です
 朽ちておらず頑丈ですが、材の表面はグレーに変色しました

 セランガンバツウ材を無塗装で組み上げたデッキ、最初は茶色だったのですが〜今は陽に良く当たる所は紫外線によってグレー(薄い灰色)に変色しており、雨だれ等の汚れも目立っています。


 
 (B)〜普通の木材で造ったデッキ、約2年に一度くらい塗装
 一昨年の夏、外装木部用塗料をハケ塗・ローラー塗しました

 
 土ぼこり・黄砂で白っぽくなってますが、洗えば柱と同色です
 ヒバ材デッキ塗装仕上〜木材価格はセランガンバツウ半額

 我が家にいらっしゃったお客様に、ウッドデッキの見た目の感想を聞いてみたのですが、「(B)のデッキの方が好き」という意見が大多数を占めました。

 ちなみにデッキ塗装ですが、ご自分で塗る場合は「外装木部用の塗料代、ハケと手桶やトレイ代」一式でも1万円以下〜表面をデッキブラシ等で洗ってから養生(ようじょう・・・周りが汚れない様にマスキングテープや新聞紙で覆う事)して塗装すると「約半日」くらいかかります。

 今年の初夏〜夏休み前には、塗装したいと思います。


 参考までに、他の「木材の外部あらわし」の所について、ご紹介いたします。

 
 玄関ポーチ柱:桧(ヒノキ)無節柱を塗装
 家の完成時に塗装〜5年ほったらかし

 上に屋根があるので少し劣化が遅いですが、そろそろ表面をハケで塗装したいと思います。

 大きめの脚立を持って来て、周りを養生して塗装して〜約1時間くらいで完了です。


 
 いただいた枕木2mを立てて埋めました
 元々「防腐防虫処理」されている材です

 数年前にお客様からいただいた線路の枕木、ありがたく庭に飾っています。

 うちの奥さんがバラを植えて〜その支柱として現在お役立ちです。



posted by ohashi at 12:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする