2019年09月20日

桜西公民館コミュニティセンター 基礎工事その2

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先日の台風15号は各地に大きな被害をもたらしましたが、今週末は台風17号が沖縄〜九州北部〜日本海へ進むようです。

 たとえ台風の進路から大きく離れていても、台風が秋雨前線を刺激して大雨が降り続く可能性があるので油断できません。

 気象情報を細かくチェックして、「土砂崩れの心配がある山のふもと・川の近くで冠水しやすい低い地域」に住んでいる方は、あらかじめ避難の準備を整えておく事をおすすめします。


 さて、前置きはここまで、ここからは前回の続き「桜西公民館コミュニティセンターの基礎工事」の鉄筋検査〜基礎ベース(底盤)コンクリート打設の様子をお伝えいたします。

 IMG_7463.JPG
 鉄筋検査〜底盤(ベース)部の鉄筋組み、20cm角の格子状

 IMG_7449.JPG
 建物の外周〜基礎の立ち上がり部とフーチングの鉄筋組み

 IMG_7432.JPG
 内壁(間仕切り壁)の下部、基礎の立ち上がり部の鉄筋組み

 IMG_7433.JPG
 ベース鉄筋のコンクリートかぶり厚、6cm以上を確保します

 IMG_7437.JPG
 上に間仕切り壁のある地中梁(ちちゅうばり)部分の鉄筋組み

 IMG_7457.JPG
 建物の中央、上に間仕切り壁の無い所の地中梁の鉄筋組み

 IMG_7472.JPG
 建物コーナー部の鉄筋組み〜縦の鉄筋は20cm間隔で配置

 IMG_7505.JPG
 鉄筋検査が全て完了した状態〜基礎の全景を撮影しました

 ここまでが基礎の鉄筋検査の様子で、以下が基礎ベース(底盤)コンクリート打設です。

 IMG_7514.JPG
 基礎のコンクリート打設する前に、コンクリート品質をチェック

 IMG_7517.JPG
 テストピース(検体)を採取して、硬さや成分をチェックします

 IMG_7527.JPG
 設計どおりの品質が確認できたので、コンクリート打設を開始

 IMG_7537.JPG
 圧送ポンプ車のホースで、生コンクリートを手元まで送ります

 IMG_7534.JPG
 バイブレーター(振動機)でコンクリート内の砂利をならします

 IMG_7538.JPG
 専用トンボを使い、コンクリート表面を平坦に整えながら打設

 IMG_7541.JPG
 ベースコンクリート打設が完了〜次は立ち上がりの型枠組み

 数日後、間をおいてコンクリートが固まり強度が出てから「基礎の立ち上がり部分の型枠」を組んで、コンクリート打設をおこないました。

 IMG_7547.JPG
 立ち上がり部のコンクリート打設後、ブルーシート養生中です

 20日(金)現在では「立ち上がり部のコンクリート打設」から4日ほど経っており、まもなく型枠を取り払い、基礎の外周部の土の埋戻しを予定しています。

 天候次第で遅延の可能性もありますが、来週中旬に土台敷きを完了させる予定、再来週の10月1日(火)大安に上棟をおこないます。


 さて、本日はここまでといたしまして、次回は「蒲郡市のM様邸リフォーム」の進捗状況をご紹介いたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 20:31| 愛知 ☔| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: