2018年11月21日

日が暮れるのが早くなり、外装工事が大変です

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 11月も下旬となり、日が暮れるのが早くなりました。

 夕方5時には既に薄暗くなっており、外壁工事や屋根工事と言った「屋外での工事」は早めに切り上げるか、やむを得ない場合は照明器具で照らしながら進めなければなりません。

 弊社の現場では「安城市池浦町のK様邸」の外壁ガルバリウム鋼板張りをまもなく施工するのですが、安全と施工精度の面で「日中」のみの施工で進めたいと思います。


 さて、前置きはここまでとして、本日は「安城市桜井町のS様邸」の外装工事の進捗状況と「安城市の浜屋町公民館」の玄関タイル貼とトイレ間仕切り設置の様子をお伝えいたします。

 
 「安城市桜井町のS様邸」〜外壁GL鋼板張り、雨樋が施工済
 軒天井(軒裏)も油性塗料(オイルペイント)塗装が済みました

 
 外壁:ガルバリウム鋼板(角波)張り仕上
 耐候性に優れ、再塗装は約30年も不要

 
 勝手口の上部を撮影〜勝手口は使い勝手の良い「スライド扉」
 扉を開け閉めする時、自分が動かなくても済むので「楽」です

 外部足場が必要な工事が完了したので、まもなく鋼管足場を撤去いたします。

 さて、ここからは「安城市の浜屋町公民館」の進捗状況をお伝えします。

 
 「安城市の浜屋町公民館」〜先週末の玄関部分の様子です
 写真左側はスロープ、玄関ポーチの下地モルタル塗が完了

 
 玄関の内部〜左官職人さんがタイル貼の下地を造っています
 奥から玄関サッシ側へ水が流れる様、緩い勾配が付いてます

 
 玄関内モルタル下地ができたので、磁器質タイルを敷きました
 少し間を置き、目地(タイルとタイルの間のスキマ)を塗り込み

 ここからは、屋内に入って、トイレブース設置の様子をご紹介します。

 
 トイレブース(トイレ個室を区分けする薄い間仕切り壁)設置
 最初に「間仕切り支柱を立てる位置」を決め、金具を取り付け

 
 トイレブース取付が完了〜女性用トイレ
 加工済の既製品を組み上げるので簡単

 
 男性用トイレ〜腰掛便器の個室が1つ
 左の壁に沿って、小便器を2セット設置


 さて、記事が少々長くなっておりますので、本日の現場紹介はここまでといたします。

 次回のブログ投稿は来週末あたり、来月下旬に完成見学会を開催する「安城市尾崎町のK様邸」の完成間近となった屋内造作の様子をご紹介したいと思っております。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 18:56| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: