2018年11月17日

K様邸の増築 基礎工事が始まりました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 晩秋らしい秋晴れが続き、行楽や学校イベントに最適な今日この頃となっております。

 かく言う私も、今日は小学校で息子の学芸会を観て、明日は幼稚園で娘(年少組さん)の作品展があるので観に行かなければなりません。

 忙しくて大変ですが、子供の成長は嬉しいですね。


 さて、前置きはここまで、本日の当ブログは表題の通り、今週から始めました「K様邸の増築工事」の基礎工事を御紹介いたします。

 
 「K様邸の増築工事」〜安城市尾崎町の旧国道沿いの敷地
 郷中の側道に沿って、延床15坪の建物を増築していきます

 
 側道の奥から撮影〜基礎工事の為の油圧ショベルを搬入中
 ブルーシートが張ってある所が接続部、渡り廊下を造ります

 
 基礎工事〜測量で「位置出し」をして「基礎の外回り」を掘削
 横揺れした時に基礎が動かない様、外回りが深くなってます

 
 基礎ベース部の掘削後、防湿シートを敷き、捨コンクリート
 この場合の捨(すて)とは「下地」という意味で使われてます

 
 別角度から撮影〜この後、基礎の外回りの型枠を立てます
 防湿シート敷は、地面から基礎へ湿気が伝わるのを防ぐ為

 
 基礎の型枠の設置が完了〜基礎内の鉄筋組みをしています
 工場で予め、ある程度の大きさに組まれ、現場で接合します

 
 基礎の鉄筋組みが完了〜この後「鉄筋検査」をおこないます
 写真の右端、細くなっている所が「母屋への渡り廊下」です

 
 鉄筋検査の様子〜建築士が鉄筋の検査(チェック)をします
 きちんと「設計通り」に鉄筋が組まれているか、調べています

 
 部屋と部屋とを分ける「間仕切り壁」の下〜基礎の立上り部
 「瑕疵(かし)担保保険をする第三者検査機関」にも書類提出

 来週、基礎のベース(底盤)部のコンクリート打設を施工する予定です。


 さて、本日はここまでといたしまして、次回は来週早々に「安城市桜井町のS様邸」の外装工事の進捗状況、「安城市の浜屋町公民館」のトイレ間仕切り設置について、お伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 13:57| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: