2018年10月27日

9〜10月に上棟した現場、外壁と造作工事が進行中

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 本日の当ブログでは表題の通り、9月〜10月に上棟をおこなった「安城市尾崎町のK様邸」と「安城市桜井町のS様邸」の進捗状況をご紹介いたします。

 なお、K様邸については「12月下旬の週末で完成見学会」を予定しているので、大工さん担当の木工事の期間が11月下旬までとなっており、屋内の造作工事が佳境に入りました。

 
 「安城市尾崎町K様邸」〜9月に上棟した約46坪の2階建て
 2階にもコンパクトキッチンを設ける予定の「2世帯住宅」です

 
 東南から撮影〜大屋根には太陽光発電パネル約4.6kw/h
 一部に屋根が被る「約5坪(畳10枚)の広々バルコニー」あり

 
 外壁の施工の様子〜ニチハ製の高耐久サイディングFUGE
 外壁下地に専用金具を取り付け、サイディングを固定します

 
 施工が完了した外壁面〜サッシ周囲はプラチナシール予定
 サイディング同士の継ぎ目は仕口で噛みあい、シール材なし

 
 玄関ポーチ庇は、ガルバリウム鋼板(エバールーフ)葺き屋根
 ブラウン色を採用〜白系色の外壁と合わせた落ち着いた配色

 
 LDKキッチン部分を撮影〜窓の所は食品庫(約2.5帖)です
 写真の銀色の配管は、キッチンのレンジフードの排気ダクト

 
 2階の廊下から階段ホールを撮影〜銀色の機材は作業足場
 天井下地せっこうボード、壁下地の取り付けが完了しました

 
 2階の主寝室〜天井下地せっこうボードと壁下地までが完了
 写真左にある明るいドアは、屋根付バルコニーへの入口です

 
 主寝室のバルコニー入口ドアの隣、収納クローゼットを撮影
 外壁周り断熱材は、調湿機能を持つ羊毛材(ウールブレス)

 以上、2階の造作工事は下地組みまでを完了しており、10月下旬の現在は大工さんが1階部分の造作を進めております。


 さて、ここからは10月11日に上棟をおこなった「安城市桜井町のS様邸」について、屋外と屋内の造作工事の進捗状況をお伝えいたします。

 
 「安城市桜井町S様邸」〜既設に隣接した平屋建てのお住い
 今週の造作工事にて、外壁下地の取付と軒天井張りが完了

 
 22日(月)、外壁下地の施工前〜軒天井の下地組みが完了
 外壁下地は「湿気により劣化しにくい」特性を持つ桧(ヒノキ)

 
 軒天井を張り、ステンレス製の防火軒天換気口を付けました
 準防火地域により「軒裏45分間準耐火性能認定品」を採用

 
 ケラバ部分(切妻型の屋根の端部)、外壁下地の施工が完了
 軒天井に厚12mm不燃材(ケイカル板)取付、後で塗装仕上

 
 屋内(リビング)を撮影〜壁の中の白シート部は断熱材です
 柱と間柱の間の空間にスキマ無く入れ込み、気密テープ貼

 
 リビング西南側の壁〜この写真の中央部に「渡り廊下」予定
 建物が完成した後、隣接する既設建物との連結部を造ります

 壁内への断熱材施工が済んだので、次は「天井下地組みと天井断熱材の施工」〜「床仕上のムク(天然木)フローリング張」〜「壁下地組み」の順に造作工事を進めていきます。


 さて、かなり記事が長くなっておりますので、本日はここまで、次回は来週末にて「浜屋町公民館の内装工事」の様子をご紹介いたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 13:45| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: