2018年10月20日

大工さん担当の造作工事 各現場で進行中です

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。



 朝晩の冷え込みが目立つようになった昨今、私事ながらワイシャツにジャンパーを着て出勤するのが当たり前になりました。



 10月も折り返し地点を過ぎて、本年も残す所は2ヶ月と10日です。



 日常における「防災の備えの大切さ」と「水道と電気の有り難さ」を実感した今年の秋、気を引き締めて、業務に励みたいと思います。





 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは「安城市池浦町のK様邸」と「浜屋町公民館」の造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)の進捗状況をご紹介いたします。



 「池浦町のK様邸」は造作が半ばくらい、「浜屋町公民館」は造作まもなく完了な状態です。



 

 「安城市池浦町のK様邸」、玄関から北の廊下を撮影しました

 玄関扉は「2枚引戸」〜開けると引違戸より有効幅が広いです



 

 1階を撮影〜赤い養生材が巻いてあるのが大黒柱24cm角

 天井の白部分には断熱材を充填済み、この上はバルコニー



 

 壁面を近くで撮影〜セルロースファイバー断熱材の施工完了

 柱と間柱の間に、透湿シートで袋状の空間を作って圧縮充填



 

 浴室のユニットバス、施工が完了しました

 TOTO製〜軟らかくて水切れの良い床面



 

 2階の天井を撮影〜弊社おなじみ「桧(ヒノキ)の無節板」仕上

 ムク(天然木)桧が発する芳香成分により、心地良く眠れます





 さて、ここからは「浜屋町公民館」について、外装工事(外壁仕上のガルバリウム鋼板張)の施工の様子と、造作工事が完了間近となった屋内の様子をお伝えいたします。



 

 先週、外壁施工の様子を撮影〜ガルバリウム鋼板張り仕上

 ヒノキ材の外壁下地に、成型したGL鋼板を釘打ち固定します



 

 西の道路から撮影〜建物の南側の外壁施工が進んでます

 台風3連続の為、外装関連の工程が軒並み遅れていました



 

 公民館本体の北側には、隣接して屋外倉庫が建っています

 広さ約6坪(巾3.6mの奥行5.4m)、大容量の収納スペース



 

 西の道路から撮影〜外壁仕上GL鋼板張り、完了しています

 この後、雨樋の取り付け施工が済んだら、外部の足場を撤去



 

 玄関ホール、北を向いて撮影〜廊下巾は余裕の1.5mです

 右の壁下地状態の所には、大きな玄関収納を造り付けます



 

 玄関の南側、造り付け棚収納(下駄箱)を大工さんが製作中

 大人数が集まっても〜ここに収納して、靴が散らかりません



 

 大広間な会議室(畳48帖の広さ)〜造作工事が完了しました

 作業台を置いて、造付収納を加工製作するのに使っています



 

 書庫と倉庫の天井を撮影〜天井面の枠は「天井収納ハシゴ」

 ここからハシゴを上り、小屋裏収納へ入る間取りになりました





 さて、少々記事が長くなっておりますので、本日はここまで、続きは来週末にて各現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。



 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。




posted by ohashi at 14:57| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: