2018年05月25日

地盤補強(柱状改良)をおこないました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 日中の気温が30度近くになる日も多くなり、すっかり初夏のような陽気が続いていますね。

 気象庁の発表によると、沖縄は先々週に梅雨入り済み、奄美列島も先週で梅雨になっているそうで、本州の梅雨入りも平年よりも少し早くなるようです。

 来週早々から基礎工事を予定している弊社としては、勝手なお願いながら〜できれば空梅雨から小雨くらいで早めに梅雨明けしてくれる事を祈っております。


 さて、前置きはここまでとして、今回の当ブログでは「安城市池浦町のK様邸」の地盤補強の工事「柱状改良」の施工の様子をお伝えいたします。

 今週の月曜(21日)〜火曜(22日の午前中)にて、専用重機を使って約40本のコンクリート杭を地面から約3mの深さまで施工しました。

 
 「安城市池浦町のK様邸」〜21日(月)の午前8時頃に撮影
 穴を掘りつつコンクリート杭を造ってゆく「専用の重機」搬入

 
 番号付の袋に、コンクリート杭を造る為のセメント入ってます
 トラック荷台の機械で水と混ぜ合わせ、セメントミルクを作成

 
 地中に「直径60cmコンクリート杭」造成
 セメントミルクと土を混ぜて「コンクリート」

 
 翌日(22日)朝9時頃に撮影〜前日中に30本近くを施工済
 セメント袋を持ち上げて、水と混ぜてセメントミルクを作成中

 
 午後2時半頃の様子〜全てのコンクリート杭の施工が完了
 ユンボ(油圧ショベル)で地面の凹凸を均して、平坦にします

 「柱状(ちゅうじょう)地盤改良」は、セメントミルクを注入しながら穴を掘って、地面の中にコンクリート杭を造っていく工法です。

 主にN値(地耐力)が「3.0」に満たないな軟弱地盤の層が「地表から2m以上〜9m以下」の地盤の状態のケースで採用されており、N値が3〜4以上の良好地盤にコンクリート杭を50cm以上入れ込んで、コンクリート杭を「建物の基礎」と連結して「地盤支持力」を確保します。


 さて、少々記事が長くなってきましたので本日はここまでとして、次回は来週〜「安城市桜井町のT様邸」の造作工事の進捗状況をご紹介いたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 17:12| 愛知 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: