2018年03月17日

基礎の型枠 取り外しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先日から基礎工事の進捗状況をご紹介している「安城市桜井町 T様邸」ですが、基礎の立上り部のコンクリート打設から10日ほど過ぎました。

 来週19〜20日で土台敷きと床組みをおこない、床下断熱材を組みこんだ上にブルーシート敷いて養生(ようじょう・・・表面にキズが付かない様に保護する事)して、29日に上棟の予定です。

 今は基礎の型枠を取り外して撤去しており、建物周りの低くなった所(型枠を組む為に掘った所)へ「土の埋戻し」をおこなって、「玄関内の土間へ土入れ」を施工中です。

 本日の当ブログでは、土の埋戻し直後に撮影した写真をのせて、現状をご紹介します。

 
 「安城市桜井町 T様邸」〜基礎の型枠を撤去後の全景です
 この写真の手前、出っ張った所は「玄関ポーチ」になります

 
 基礎の「立上り」部分を近くで撮影〜この上に壁がのります
 外周りの四角い穴は「風窓(基礎換気口)」を設置する開口

 
 基礎の立上り、ここは浴室(システムバス)となる部分です
 「基礎〜床下」から熱の出入りを防ぐ為、基礎断熱材を施工

 
 基礎の立上り、ここは玄関とシューズクローゼットになります
 「土間床(どまゆか)」となる所なので、ここも基礎断熱材あり

 土間床(どまゆか)とは「玄関や勝手口など、下に床組みの無い床」の事で、コンクリート基礎のベース面に土を入れて「嵩(カサ)上げ」して転圧かけて締め固めて、タイル貼やモルタル塗の仕上をおこないます。

 この現場では「床下断熱〜床組みに床下断熱材を取り付ける事」になっているので、床より下の部分(基礎)は「屋外あつかいとして、無断熱エリア」になります。

 したがって、「床組みよりも下が『床面』となる土間床」の部屋については、基礎断熱材を取り付け、基礎の立上り部からの熱の出入りを防ぐ必要があります。


 さて、本日はここまでといたしまして、続きは来週〜次回は「床組み」と「床下断熱材」の施工の様子をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 15:10| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: