2017年05月13日

5月末にお引渡し予定の現場 内装工事が佳境です

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 ゴールデンウィークが終わって早1週間が経ちましたが、今週は随分と暖かくなりましたね。

 すっかり初夏の様な陽気で気温も高くなっており〜冬から愛用しているヒートテック下着の性能で、あやうく汗疹(あせも)になる所でした。

 来週末あたりで天気の良い日に〜何回も洗濯を繰り返して干して〜衣服の入替「衣替え」を敢行したいと思います。


 さて、本日の当ブログでは、5月末お引渡し予定の現場「大府市のY様邸」の進捗状況について、お伝えいたします。

 先月末にて造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)が完了して、ゴールデンウィーク中に左官さんが壁面の下塗りを施工しており、まもなく土間仕上ならびに壁仕上げ塗をおこないます。

 
 玄関の壁〜真壁(柱が室内に出る形の壁)の下塗りが完了
 この上に、四国化成製の砂王(砂壁)を仕上げ塗りします

 
 玄関ホール隣、大空間LDKは「大壁しっくい塗り仕上」予定
 大壁とは「完成した状態で、柱が室内から見えない形の壁」

 
 LDK壁の下地塗りの様子を撮りました
 ボード継ぎ目を念入りに塗り込んでます

 
 LDKの通路部分、トイレと洗面室の付近の天井周りを撮影
 灰色の部分は下地塗り完了〜これから左の壁面を塗ります

 
 和室の真壁部〜下地塗りが完了しました
 天井仕上はLDKと同じ材「ひのき無節板」

 
 「造り付け洗面化粧台」〜お施主様のご要望でフルオーダー
 天板カウンターの開口部に、特殊な洗面ボウルユニット取付

 
 洗濯機パン及びマルチシンク(多目的流し設備)のスペース
 お掃除手間を優先、床面〜約1m高まで化粧板パネル施工

 内装工事が佳境に入っており、来週末に完了検査を受ける予定になっています。

 また次回〜近々にて、完成間近となった現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。



追伸

 次回の当ブログですが、いつもと少々趣向を変えて「ウッドデッキのお手入れ」について、書いてみたいと思います。

 私の家の庭には2種類のウッドデッキがあるのですが、完成から5年近く経って、「(A)〜耐久性の高い木材で造ったデッキ、5年ほったらかし」と[(B)〜普通の木材で造ったデッキ、2〜3年に一度くらい塗装」の質感の差が大きくなりました。

 お客さんにデッキの印象を聞くと、「(B)のデッキの方が良い」という声が多いですね。

 詳しくは写真に解説を付けて、次回ご紹介いたします。


posted by ohashi at 15:03| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック