2015年10月24日

久々に遠出の家族サービス  リンゴ狩り in 南信州

 昨日の夜に更新したので・・・お久しぶりではないですね。

 アンモクの大橋です。

 ここ最近ずっと、私の実家の浴室リフォームをネタにして〜当ブログ記事を書いていました。

 今日は久しぶりに秋の行楽シーズンに相応しい「家族サービス」ネタにしようと思い、先週の日曜日に行ってきた「リンゴ狩り」について書いてみます。

 我が家では毎年1回リンゴ狩りに行くのが恒例なのですが、去年は娘が生後5ヶ月だったので断念して購入のみにしました。
 その娘が最近やっと外でも歩けるようになったので〜満を持して先週の日曜日〜りんご狩りの為に南信州の飯田市へ行ってきました。


 
 天竜川くだり乗り場から少々、山の斜面にある「リンゴ園」
 手前に写ってる子はウチの娘、リンゴの前で固まってます


 このリンゴ園は「丸信農園さん」という屋号で〜入場料は予約して大人450円でリンゴ食べ放題、持ち帰る分だけが測り売りというシステムです。

 今の時期は「秋映(あきばえ)」「しなのスイート」「しなのゴールド」「しなのピッコロ」「サンふじ」を収穫する事ができ、11月下旬頃にリンゴの定番「ふじ」が出てくるそうです。

 
 「しなのゴールド」、その名の通り黄色のリンゴです
 さわやかな酸味あり、さっぱり食べやすい大玉リンゴ


 
 「しなのピッコロ」、他のリンゴに比べて少々実が小さい
 ちょうど熟した?〜甘味と酸味のバランス良かったです


 
 ちょうど食べ頃となっている定番のリンゴ「サンふじ」
 「ふじ」に比べて小さめ?〜私は好きなサイズです


 
 昼食タイム〜この場で食べていく分のリンゴ代は無料です
 家族4人で大小リンゴ合わせて、7個くらい食べられましたよ
 (3歳の息子一人で2個近く食べました、入場料タダなのに)


 そんなこんなで大人2人の入場料900円と持ち帰りお土産分で、しっかり家族サービスする事ができました。(・・・と思っております、奥さんも息子も娘も喜んでたし。)

 安城市の北部からは高速を使って約2時間(トイレ休憩を含む)、近すぎず遠すぎず〜ちょうど良い距離にあるので我が家は毎年このリンゴ園に行っています。
 「リンゴ園への山道と入口が少し狭いので、大きな車だと気をつかう事」以外は、非のつけ所が無いと個人的には思っています。


 最後にこのリンゴ園の変わった名物をご紹介します。

 
 キャビン(人が乗る所)の屋根をぶった切った軽トラック
 このリンゴ園は斜面にあるので、リンゴ運ぶのに大活躍


 
 リンゴの枝の下を通り抜ける為、屋根を切ったそうです
 車検は通らないのでナンバー無し、敷地内のみで利用
posted by ohashi at 16:58| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック