2015年09月24日

シルバーウィーク きちんと家族サービスしましたよ

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先週末の9月19日(土)〜23日(祝・秋分の日)、数年ぶりとなる大型連休「シルバーウィーク」が発生しました。

 ちなみに私は連休の前半は会社で打合せや図面作成等の仕事をしてまして、後半で実家と我が家の家族サービスをしました。
 「お彼岸」ですから、自分の家と奥さんの実家のお墓参りにも行ってきましたよ。

 今回は久しぶりに、一昨日と昨日の家族サービスで行った所をご紹介します。


 まずは、一昨日に行ってきた半田市の「彼岸花の名所」です。

 愛知県の知多半島の半田市、新美南吉記念館のスグ近くにあります。
 (新美南吉は戦前の児童文学作家、半田市出身、代表作は「ごん狐」など、亡くなる直前まで安城高等女学校(今の安城高校)の教員をしていました。)

 
 川沿いの土手に延々と数キロ、彼岸花が咲いてます


 
 右に見切れているのは、当社の会長(私の父です)


 
 土手の上のお地蔵さん、ほっこりと佇んでいます


 
 お彼岸の前後の一週間が、ちょうど良い見頃です


 実家の家族サービス(私が一緒に行くと運転者がいるので〜父が食事の時にお酒を飲めます)のお供に付いていったのですが、年配のご夫婦はもちろん所々に若いご夫婦、出産間近の妊婦さんやお子さん連れの一行まで、幅広い年代の見物客の方々がいらっしゃいました。

 ちなみに食事処お勧めは、入口近くにある「寿司ダイニング」のようなお店です。

 お昼は2000円と2800円(税込)の2コースがメインとなっており、寿司がメインのコース料理(デザート付〜この時期はメロンプリンwithナタデココ)が頂けます。
 2000円と2800円の差は寿司ネタとサラダ、夜はプラス500円ほど料金が上がります。

 この時期は予約をしなければ食事ができない程の混み具合となっていますが、普段の週末や祝日であれば、問題なく入れそうです。


 昨日(秋分の日)は家族サービスで「浜松のフルーツパーク」に行ってきました。

 ここは新東名高速の浜松サービスエリア付近にある市営テーマパークで、入口の「西エリア」には大きなスベリ台などの遊具が幾つもあってイベントスペース等があり、「東エリア」には様々な果樹が栽培されており時機によって様々な果物の収穫体験「りんご狩り等」ができます。

 ウチの奥さんは自宅でパンを作るのですが、アケビで酵母を作る為「アケビ狩り」でアケビを入手する為にフルーツパークにやって来ました。
(なぜか今年は期間が短く、アケビ狩りは20日〜23日までとなっていました)

 
 「東エリア」の渓谷にかかっている「フルーツ大橋」


 
 お目当てのアケビ園 : ブドウの様に実が生ります


 
 ウチの娘、アケビ収穫後、テーブル下でセンベイかじってます
 (手前の板は屋外テーブル、設置後おそらく数年経ったの品)


 アケビの他にも「イチヂク狩り」を開催していたので、参加して収穫してきました。

 基本的には「〜狩り」で採った分だけの測り売り、他にも朝採りの栗やマンゴー等も受付にて販売しています。
 フルーツパークのホームページで現在開催している「〜狩り」が発表されているので、行く前に見てから会場入りする事をお勧めします。
posted by ohashi at 16:38| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック