2019年03月30日

安城市 野寺町 H様邸 上棟いたしました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 月日の過ぎるのは早いもので、今週末にて本年度(平成30年度)は終わり、来週の月曜日は4月1日〜新年度(平成31年度)となり、正午ごろには「新たな元号」が発表されます。

 5月1日からは新しい元号となるので、「平成最後の・・・」という文句が使えるのも残す所は1ヶ月、ということは「平成31年度は1ヶ月しか無い」、何だか〜もったいない気がしますね。


 さて、前置きはここまでとして、ここからは表題の通り「安城市の野寺町のH様邸」の上棟の様子をお伝えいたします。晴天に恵まれた一昨日の28日(木)大安、上棟が完了しました。

 まず最初に、今週の頭から始めた上棟の前準備の様子から御紹介します。

 
 上棟の数日前、土台と大引(おおびき)を基礎に固定しました

 
 土台と大引に取り付けた「L字」金具は、断熱材の固定フック

 
 マス目の中に床下断熱材をはめ込み、上に直貼剛床を固定

 
 上棟の前日、先行の軸組材を運んだ後で、外部の足場組み


 以上が上棟の前準備、ここからは28日の上棟時の様子を時系列順にお伝えします。

 
 上棟の開始〜1階の柱と通し柱(2階まで貫く柱)を立てます

 
 通し柱の間に「胴差(どうさし)」という2階床梁を組み付けます

 
 外壁まわりの胴差から組み付け〜建物が揺れにくくなります

 
 「かけや」と呼ばれる大きな木槌で、床梁を叩き入れています

 2階の床梁が全て組めたら、次に2階の剛床(床の直貼り合板)を敷きつめ、上階での安全な作業足場を確保します。

 2階の柱を全て立てて、その上に小屋梁(こやばり・・・2階の天井梁)を組んで、小屋束(こやつか・・・屋根内の柱状の材)や母屋(もや・・・屋根内の水平材)といった「屋根の骨組」を造ります。

 
 午後2時頃〜屋根タルキ(屋根下地の角材)の取付まで完了

 
 午後3時頃の全景〜これから野地板(屋根の下地板)を施工

 
 野地板の施工〜湿気による劣化に強い杉赤味の板材を採用

 
 外壁面の耐力面材、2階から施工を開始

 
 屋内の様子〜全軸組(家の骨組)が桧(ヒノキ)な「総桧造り」

 
 この写真右上、一番上にある横架材が「棟木(むなぎ)」です

 棟木が組めたら「棟(むね・・・家の一番上にある水平部)が上った」、つまり「上棟」が成立していますが、翌日からの雨仕舞(あまじまい・・・雨に対する備え)を考えて、明るい内は野地板の施工等の作業を進める事が多いです。

 
 上棟祭の様子、家が無事に立ったことを感謝する式典です

 
 四方参り〜鬼門から順に家の四方へ供物を奉納しています

 ここからは翌日〜本日の午前中までの進捗状況をお伝えします。

 
 ゴム層付防水ルーフィングシートを敷き、屋根瓦下地を取付

 
 中央の黒い材は棟換気ユニット、屋根内の空気の出口です

 
 本日11時〜地面から約1.5mの高さまで防腐防蟻剤を塗装

 
 夕方から雨天予報、この後、1階部分が濡れない様に雨仕舞


 さて、記事が随分と長くなっておりますので、本日はここまでとして、次回は他の現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 16:22| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

当社アンモクの住い ホームページ更新しました

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 表題の通り、今週の月曜日に当社アンモクの住いのホームページを更新いたしました。

 現場見学会の最新情報ページにて、来週末の3月23日〜24日(土日)に開催する「DIY用建材アウトレットセール、同時開催リフォーム相談会」について詳細をご紹介しており、お家の紹介ページで各現場の進捗状況をお伝えしております。

 ぜひ、ご覧ください。

 以下、会場となる当社の案内地図、かんたん工作コーナーについて概要をご紹介いたします。

 
 3月23〜24日(土日)、「DIY用建材アウトレットセール」を当社の倉庫で開催いたします

 
 会場内の「かんたん工作コーナー」、材料は無料で使えます

 「フラワーポッド台」、「パッシブ加湿器(水を入れるだけ)」、「立て看板」等の見本品が展示してありますので、それを参考にして造ったり、全く違う物を造ったり、ご自由にお楽しみください。

 
 会場にて「丸ノコ、押し切り台、電動ドライバー」等が使用可能

 なお、来週の金曜日に搬入と設置を予定しているので写真は間に合わなかったのですが、会場の一角にはTOTO製の最新の住宅設備機器(浴室ユニットバス、システムキッチン、洗面化粧台、タンクレス一体型便器)を展示いたします。

 展示している住器と同シリーズ製品は、当日限りの超特価お値打ち、以下の割引率です。
 「UB(ユニットバス)サザナ、定価62%オフ」
 「SK(システムキッチン)クラッソ、定価46%オフ」
 「ハイクラス洗面化粧台オクターブ、定価48%オフ」
 「タンクレス一体型便器ネオレスト、定価35%オフ」

 御見積のお問い合わせは、リフォーム相談会の受付カウンターにて、お承りいたします。

 みなさまのご来場をお待ちしております。どうぞ、お気軽にお越しくださいませ。


追伸

 つい先日からなので恐縮ですが、当社アンモクの住いは公式アカウントを設けて「インスタグラム」を始めました。

 工事部長、現場監督がイベントのご紹介や担当現場の進捗状況を投稿しております。

 ぜひ、ご覧ください。


posted by ohashi at 16:13| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

安城市野寺町のH様邸 地盤調査〜地盤改良

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 暖かく春らしくなってきたのは有り難いのですが、この時期ならではの厄介者「スギ花粉」の飛散が猛威をふるっています。

 私は「スギ花粉のみアレルギー数値が100以上」という典型的なスギ花粉症でして、せき鼻水や目のかゆみ症状が現在ピークです。

 あと1ヶ月くらいの辛抱〜薬を飲みつつ我慢して、この厄介な風物詩を乗り切ろうと思います。


 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは「安城市野寺町のH様邸」の地盤調査および地盤改良(部分的な地盤補強)について、お伝えいたします。

 
 スウェーデン式サウンディング〜地盤支持力を調べています

 この試験は戸建住宅で一般的に使われる方法で「キリ状のスクリューで地面を掘り、一定範囲分ねじ込むのにハンドルを何回転させたか」で地耐力(N値=地盤の強さ)を調査します。

 通常の調査ポイントは5箇所、建物予定位置の四隅と中央(重心の位置)を測定します。

 その他に「地質(その土地の地面の性質・状態〜土砂か粘土か岩盤か)」、「土地の経歴」と「周辺の土地の状況」や「周辺の古地図」を考慮して、「地盤補強の必要性の有無」と「地盤補強の方法」を検討しています。

 今回の調査結果では、敷地の南西の隅のみ(木が植わってたのが原因か)地耐力が少し不足していたので、長2m角の範囲のみの「部分的な表層地盤補強」をおこなう事になりました。

 
 部分的な補強〜施工範囲を明示、その部分のみ施工します

 
 表層の土をかき取り、固化剤(セメント等)を混ぜ強度アップ

 
 重機を使って転圧(土の締め固め)施工〜低い所が改良部

 
 基礎下地の準備、全体に砕石を入れて転圧をおこないます


 さて、本日はここまで、次回のブログ投稿は来週末あたり、他の現場の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 10:32| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする