2018年08月28日

浜屋町公民館 造作工事が進んでおります

 お久しぶり・・・でも無いですね。先週の土曜に記事を投稿してたので、3日間ぶりです。

 アンモクの大橋です。

 本日の午後は、いきなり天候が急変〜雨が降ったり止んだり不安定な天気になっています。

 ヤフー天気やNHKのTV天気予報では、午後も「晴れ」又は「くもり」だったはずなのですが、一体いつのタイミングで予報が変わったのでしょうか。

 そういえば最近は「ゲリラ豪雨」は頻繁に耳にしますが、「夕立ち」という言葉を使わなくなった様に思います。

 私が子供の頃(約30〜40年前)、夏は夕方になると黒雲が出てきてドザァーと大雨に見舞われる「夕立ち」が厄介者のような扱いでしたが、今となっては懐かしく良い思い出になっています。


 さて、前置きはここまで、本日の当ブログでは今月1〜2日に上棟をおこなった「浜屋町公民館」の造作工事の進捗状況をお伝えいたします。

 
 17日、大広間な会議室(畳48枚分の広さ)の天井下地組み
 複数の脚立に足場板を通して組んだ「簡易足場」の上を移動

 
 エア工具の釘打ち機を使い、格子状に天井下地を組み付け
 天井下地を組んだら、その上に断熱材をスキマなく敷きます

 
 天井下地を組む前、廊下を南の方へ向いて撮影しています
 奥に写っているのが、天井下地を組んだ後の会議室(48帖)

 
 公民館の建物の北に位置している「配膳室(広さ11.7帖)」
 天井下地を組む前、電気配線の取付が完了した状態で撮影

 
 配膳室〜天井下地を組んでグラスウール断熱材を敷き込み
 ZEH(ゼロエネルギーハウス)でも使われている「高性能品」

 
 大壁(柱を室内に見せない壁)型の和室、板の間、押入あり
 排煙規制の為、部屋の天井高を「床から2.45m」としました

 
 廊下〜天井下地板「せっこうボード」を下地組に固定しました
 これで天井下地が完成、次は外壁周りに断熱材を入れます

 
 会議室の外壁の中「柱と柱の間」にグラスウール断熱材入れ
 「長期優良住宅仕様の建物」で使う事が推奨される高性能品

 
 断熱材の耳(端の出た部分)を間柱にタッカーで打ってます
 スキマが出来ない様、断熱材の耳どおしを召し合わせ固定

 
 外壁内へ断熱材を入れて、上から気密フィルム(緑色)張り
 室内から壁体内への湿気の侵入を遮り、壁内の結露を防ぐ

 
 配膳室の外壁内への断熱材入れ、気密フィルム張りが完了
 「フィルム継目」と「窓まわり」と「端部(角)」へ気密テープ貼

 
 配膳室の内壁(南側)を撮影〜この壁の向こうは和室と押入
 この後、床面へ床仕上材「ムク(天然板)フローリング」を施工

 
 廊下の外壁内へもグラスウール断熱材入れが完了しました
 ここまで大工さん2人で作業を進めており、工程が順調です

 
 玄関の上り框(かまち)組み〜手前は引違扉サッシ(4枚戸)
 この後で壁に気密フィルム張り、端部は気密テープで目張り


 さて、だいぶ記事が長くなっておりますので、本日はここまでといたします。

 次回のブログ記事の投稿は今週末を予定、9月上旬に上棟をおこなう「安城市尾崎町のK様邸」の土台敷き及び床組みの様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 18:33| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする