2018年08月10日

浜屋町公民館 造作工事が進行中

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 弊社アンモクも明日から夏期休暇〜いわゆる「お盆休み」になりまして、次の営業日は来週17日(金)となります。

 かく言う私も、奥さんの実家のお墓参りや家族サービスの予定が入っておりまして、お盆休み中に出社して仕事をするのが難しい・・・休み明けに遅くまで仕事を頑張りたいと思います。


 さて、本日の当ブログでは先日1〜2日にて上棟をおこなった「安城市浜屋町の浜屋町公民館」の造作工事の進捗状況について、ご紹介いたします。

 
 「浜屋町公民館」〜上棟から1週間が経過した8月8日に撮影
 アルミサッシの取付と、外壁面の透湿防水シート施工が完了

 
 神社の拝殿側から撮影〜右手に写っている別棟は倉庫です
 この写真は7日に撮影、外壁面せっこうボード施工時の様子

 一昨日の8日、外壁面に透湿防水シートを張り終えたので、外装の雨養生(あめようじょう・・・雨に対して保護材で備える事)が完了〜台風以外の風雨は安心していられる状態になりました。

 
 本日の午後2時〜玄関ホールから配膳室へ続く廊下を撮影
 梁桁(はりけた)下、垂れている緑色シートは「気密フィルム」

 
 大広間となる会議室(広さが畳48枚分)、大工さんが作業中
 内壁の「天井の上になる所」へ不燃板(せっこうボード)取付

 建物の雨養生が完了しているので、大工さんは屋内の造作工事を丁寧に進めています。

 
 上の写真の同時刻、屋根の様子〜瓦の施工が始まりました
 瓦を固定する屋根下地は、劣化しにくい桧(ヒノキ)材を使用

 
 軒先から順番に、隣の瓦の仕口と組み合わせて釘打ち施工
 瓦どうしが仕口で支え合い、設計上は風速80mに耐えます

 大工さんと屋根職人さんは日曜(12日)から盆休み、明日の11日(土)までは現場にて作業をおこなっています。

 それでは、本日はここまでとしまして続きは来週〜各現場の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 19:34| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする