2018年06月30日

内装工事が進んでいます

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先日、6月内という異例の早さで、関東甲信越地方の梅雨明けが発表されました。

 引き続き今日明日にも、この東海地方の梅雨明けが宣言されると思われます。

 弊社の所在地「安城市」では、梅雨の長雨とは程遠い「空梅雨」な今季の梅雨となっていますが、ダムのある上流では降雨量が平年並みでして、今の所は水不足の心配は無いみたいです。

 一方、梅雨が明けた夏期は積乱雲の線状降水帯による長時間の集中豪雨が発生しやすい時期、何とか本年は「ゆっくりシトシトと静かな雨」で済んで欲しいと祈っております。


 さて、前置きはここまでとして、今回の当ブログでは「安城市桜井町のT様邸」の内装(左官)工事の進捗状況をお伝えいたします。

 
 「安城市桜井町のT様邸」〜道路に立って南西方向から撮影
 道路射線規制をクリアする為、西の棟が「ドイツ屋根型」です

 
 車庫スペース上を中2階リビングとした「スキップフロア構造」
 約45坪の敷地に「駐車スペース3台分を確保する為」の設計

 
 意外と広い「車庫スペース」〜天井高は床から約2.3mあり
 頭上空間に余裕があり、雨天時には物干場として使えます

 
 左官さんが「しっくい系ハイブリッド塗料」ウォーロ練ってます
 今回はパステルカラー仕様、リビングでは「オレンジ色」採用

 
 ウォーロ塗り前の下地の状態〜建具枠内はウォーロ塗り済
 せっこうボードの継ぎ目に「目地材」を入れ、シーラーを塗布

 
 練った後しばらく寝かして、リビング壁にウォーロ塗りを開始
 ちなみに、腰壁と天井仕上は「桧(ヒノキ)無節板張り」仕上

 
 東の壁を塗っている途中で撮影〜左官さんはフレームアウト
 ウォーロ塗り作業の前に、他所に付かない様にシート養生済

 この「安城市桜井町のT様邸」は、上記の「しっくい系ハイブリッド塗材」ウォーロ色つき仕様の施工箇所が多く、部屋ごとに数種類の別色を塗っていきます。

 7月21〜22日(土日)の完成見学会では、見た目に優しいパステルカラーの塗り壁仕上をご覧いただけますので、ご期待ください。


 それでは本日はここまでとして、続きは来週、引き続き「安城市桜井町のT様邸」の進捗状況をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 15:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

造作工事 ほぼ完了〜内装仕上の下地を開始

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 今日このごろの天気予報は梅雨前線のせいか〜あまり週間予報がアテになりません。

 翌日の天気については予報が正確なのですが、週末の夜ニュースで翌週末の数日前から雨天になっていても、その次の月曜の昼ニュースでは晴天続きの予報に変わっていたりします。

 何とも計画が立てにくいですが、これ(天気)ばっかりは仕方ありませんので、屋外の工事についても可能な限り工程に遅れが出ない様、臨機応変に頑張ります。


 さて、本日の当ブログでは「安城市桜井町のT様邸」の現状について、お伝えいたします。

 先週までで「大工さん担当の造作工事(屋内の木工事)」が一段落しまして、今日から左官さんが真壁(柱が室内にアラワシとなる形の壁)部分の塗り壁仕上の下地塗りを始めました。

 
 「安城市桜井町T様邸」〜本日の午後3時頃に撮影しました
 先々週中に雨樋が完了しており、先週で外部足場を撤去済

 
 お住い南面を撮影〜右側の軽トラックの所が車庫スペース
 その車庫スペースの上部は、中2階リビングとなっています

 
 玄関をシューズクローゼット側から撮影〜左手奥が玄関ドア
 中央の開口は和室の内窓、その下に飾り棚(ニッチ)を設置

 
 左官さんが「砂王(砂壁塗り)仕上」壁面の下地を塗ってます
 ここの壁の様に「柱が室内から見えている」壁が「真壁」です

 
 DKから和室を撮影しました〜左から「床の間・仏間・押入」
 押入の上、高さ約1.9mより上に神棚スペースを設けました

 
 DKを撮りました〜この壁の向こう側にシステムキッチン設置
 ここの壁は「大壁(おおかべ)」、真壁の逆で柱を隠す壁の型

 
 DKの吹抜天井〜2階の屋根に天窓あり
 この写真は先々週、造作工事中で撮影

 
 2階への階段を約2mくらい上った所にある「中2階リビング」
 この写真の奥、上が明るくなっている所がDKの吹抜部です

 
 中2階リビング壁仕上〜床から約1mまで桧(ひのき)板張り
 その上は、しっくい系ハイブリッド塗材「ウォーロ」を塗ります

 
 2階の主寝室(8帖)〜左に見えてる柱が「大黒柱21cm角」
 中2階リビングと同様、自然素材づくしの室内空間となります

 
 2階の子供室(6.5帖)〜天井面の明るくなった所に天窓あり
 サッシ型より耐久性に優れる「ガラス瓦」天窓を屋根面に設置

 3月末の上棟から約3ヶ月が経過、順調に工程が進んでおり、来週には壁紙クロス貼も完了して、来たる「7月21〜22日の現場見学会」で、お客様に建物が完成した状態をご披露できる見込みが立ちました。

 さて、記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は引き続き「安城市桜井町のT様邸」の内装工事の進捗状況をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 20:00| 愛知 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ベース(底盤)コンクリート打設〜基礎の立上り施工

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 今ちょうど梅雨の中休みなのかも、昨日の夕方は少々雨が降りましたが、今週の大半は過ごしやすい爽やかな気候の日でした。

 弊社は現在、7月上旬に上棟予定の「安城市池浦町のK様邸」の基礎工事をおこなっておりますので手前勝手ながら大変ありがたく、工程が順調に進んでいるので嬉しいです。

 おかげさまで昨日にて、K様邸の基礎の立上り部(土台を敷き、上に壁が立つ所)のコンクリート打設が完了いたしました。


 さて、本日の当ブログは前回の予告通り、K様邸の基礎工事の「ベース(底盤)コンクリート打設」および「立上り部のコンクリート打設」の様子をお伝えいたします。

 
 「安城市池浦町のK様邸」11日(月)、基礎内部の配管工事
 基礎ベース(底盤)コンクリートに「埋まる」配管を施工します

 
 内部に給排水配管を通す為の部材「基礎貫通キット」を取付
 給水管と給湯管の引込口、浴槽の追焚配管の引込、排水管

 
 1階トイレ下の基礎貫通キット〜ここには排水管が入ります
 他の水周り設備と離れた所にあるので「単独」で設けました

 この後の数日間は雨が降らない天気予報となったので、翌日の12日(火)の朝から基礎「ベース(底盤)コンクリート打設」をおこないました。

 
 「安城市池浦町のK様邸」〜12日(火)朝8時半に撮りました
 建物の外周、地中梁(深く造った基礎部)からコンクリート打

 
 職人の手元の黒い管は「コンクリート圧送ポンプ車」のホース
 ミキサー車に接続、生コンに圧力かけて手元へ送り出します

 
 外周の地中梁(深く造った基礎部)コンクリート、完了しました
 引き続き、ベース(底盤)部のコンクリート打をおこなってます

 
 基礎ベース(底盤)コンクリート打設〜施工直後に撮りました
 トンボを使ってコンクリート表面を平坦にならし、仕上げます

 
 午後1時半頃に撮影〜「ベース(底盤)コンクリート打設」完了
 ベース表面を平コテでキレイにならし、建物周りを片付け中

 
 翌日13日(水)朝10時頃の様子〜ベース部の型枠を撤去中
 撤去が済んだ後、基礎の立上り用の型枠を組んでいきます

 
 敷地の奥から西の方を向いて撮影〜中央の白いのは断熱材
 玄関や勝手口など「土間床」となる部分の「基礎壁の断熱材」

 
 昨日15日(金)の朝8時頃の様子〜型枠組は前日で完了済
 天気予報を見て、コンクリート打の施工は午後から行います

 
 午後1時頃に撮影〜「基礎の立上り」部のコンクリート打設
 振動バイブレータを使って、コンクリート内の砂利を均一化

 
 午後3時半頃〜立上り部コンクリート打設が完了しています
 周辺の部材の片付け清掃をおこなって、本日の作業は終了

 なんとか雨を避けつつ、基礎の立上り部のコンクリート打をおこなう事ができました。

 梅雨の時期の基礎工事としては天気に恵まれて、コンクリート打設を迅速に完了する事ができたので、大変ありがたかったです。


 さて、少々記事が長くなっておりますので本日はここまで、次回は「安城市桜井町のT様邸にて、佳境に入っている造作工事」の様子をお伝えしたいと思います。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 13:52| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする