2018年05月19日

外壁サイディング張を開始〜屋内の造作工事が進行中

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 ずっと昨日まで蒸し暑い日々が続いておりましたが、本日は風が少々強いもののカラッとしていて、過ごしやすい爽やかな日になっています。

 衣替えで夏用の衣類に入れ替えて早2週間が過ぎましたが、来月には扇風機や日除けのヨシズやターフといった夏設備の登場を考えなければなりませんね。


 さて、前置きはここまでとして、本日の当ブログでは「安城市桜井町のT様邸」の外壁サイディング張り工事、ならびに造作工事(屋内の木工事)の様子をご紹介します。

 上棟から早1ヶ月半が経過して、荒壁(壁内の壁土塗り)の施工が完了〜乾燥養生(乾くまで表面に触らずに保護しておく事)の期間も済んで、大工さんが造作工事を進めています。

 
 「安城市桜井町のT様邸」〜3月末に上棟した2階建てお住い
 本日お昼頃に撮影〜外壁仕上「サイディング横張り」施工中

 
 敷地の西の道路より、足場のスキマから施工の様子を撮影
 北面(写真の左)ダーク系色、西面(写真の右)はライト系色

 道路から見える「南」と「西」の外壁サイディングには明るいアイボリー色を採用、隣家に接している「北面」は濃いブラウン色の製品を施工しています。

 
 玄関の西側、和室のハキ出し窓を撮影
 2階バルコニーが「窓上庇」として機能

 来週の中頃くらいで「外壁サイディング工事」が完了する予定になっており、軒天井の塗装が済んで軒樋(のきどい)と竪樋(たてどい)を取り付けた後、外部足場を分解して片づけます。

 さて、ここからは家の中に移動して、造作工事(大工さん担当の屋内の木工事)の進捗状況をご紹介いたします。

 
 この写真は今週の前半、1階DK(ダイニングキッチン)を撮影
 天井の長方形型の格子状に組んである所が「天井下地」です

 
 同じく今週の前半、2階の主寝室の様子を撮影しております
 天井下地の上に敷いてる袋は、高性能グラスウール断熱材

 
 同日、2階の主寝室、先程よりも少し西側に向いて撮りました
 左上の変わった木組みは、天井収納型の物干しの為の下地

 
 本日(19日)お昼前に撮影〜天井面の白い部材が天井物干
 天井の仕上材、桧(ひのき)無節板張り仕上が済んでいます

 
 2階の北に位置する子供室を撮影〜上部の明るい所は天窓
 採光規制をクリアする為、ガラス瓦タイプの天窓を設けました

 
 吹抜となった階段ホールを撮影〜ここは「天井面全て」天窓
 1階DKの採光をクリアする為、ココからも光を採り入れます

 順調に造作工事が進んでおり、あと約1ヶ月くらいで大工さんが現場を上がり、しっくい系ハイブリッド塗壁ウォーロや珪藻ジュラク壁といった「左官さん担当の仕上塗り工事」、内装職人さんが担当する「壁紙クロス貼り工事」が始まります。


 さて、記事が少々長くなっておりますので続きは来週、次回は「安城市池浦町のK様邸」の地盤改良工事の様子をお伝えいたします。

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ohashi at 15:22| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする