2018年03月31日

T様邸の上棟、無事に完了いたしました (その1)

 早朝は冷え込んでいるので気温が10度を下回っていますが、日中は20度を超える日が続いており、すっかり春らしくなってきましたね。

 アンモクの大橋です。

 先日の3月29日(木)友引にて、「安城市桜井町のT様邸」の上棟(じょうとう・・・家の棟を上げる事〜柱や梁桁を組んで家の形を成す事)をおこないました。

 晴天に恵まれ、上棟に参加した職人さんたちの手際の良さもあって、夕方には棟木(むなぎ・・・家の屋根の一番高い所に組まれる横架材)はもちろん〜野地板(のじいた・・・屋根面の下地板)の釘打ち固定まで完了いたしました。

 職人さんたちの昼食をお施主様がご用意いただき、お昼休みや小休憩等をしっかり取ることができたので、現場作業もスムーズで効率よく進んで、素晴らしく立派な上棟となりました。

 本日の当ブログでは、上棟の様子を1つの記事にまとめると長すぎるので前半部分、上棟の開始「柱立て(はしらだて)」から、上棟の佳境「小屋梁組み(こやばりぐみ)」までをお伝えします。

 
 「安城市桜井町のT様邸」〜朝8時半頃の様子を撮りました
 上棟の工程の「イの一番・・・柱立て(はしらたて)」完了です

 「柱立て」とは字そのままで、通し柱(とおしばしら・・・1階から2階まで貫いている長い柱)と1階の管柱(くだばしら・・・普通の柱)を全て立てていく工程の事です。

 「柱立て」が済んだら、「胴差(どうさし)梁(はり)組み、2階の床梁組み」をおこないます。

 
 「胴差」を組んでいる様子〜家の外周りの胴差から組みます
 「通し柱の胴(どう・・・中間部分)に差し組む梁」なので「胴差」

 
 「2階の床梁(ゆかばり)組み」の様子〜中央の柱は「大黒柱」
 大黒柱の隣、腕組みしてる大きな人は「鳶(とび)」の親方さん

 「鳶(とび)」とは高所作業をメインにおこなう職人さんで、一戸建住宅の建設では「上棟作業限定で軸組(じくぐみ・・・家の骨組)を組み上げる大工さん」の様な役割を果たします。

 
 「2階の床梁組み」進行中〜2階床梁に小梁を組んでいます
 格子状になった梁組に「剛床(ごうしょう・・・直張り合板)」敷き

 
 「車庫スペース」上部〜ここは中2階リビングとなる部分です
 ここが組めたら「2階梁組み」が完了、剛床敷きを進めます

 
 中2階リビングの床梁(ゆかばり)、接続部を組んでおります
 この写真の奥〜大工さん達が2階の床組みに剛床を固定中

 
 午前11時頃〜剛床敷きが済ませた後、2階の「柱立て」完了
 2階の床面に剛床があると「安心して歩ける」ので効率アップ

 
 鋼管足場に上って撮影〜小屋梁(こやばり)を荷揚げ中です
 2階床面に剛床がある事で、材を安定して効率よく置けます

 
 小屋組み(こやぐみ・・・屋根の骨組を組む事)の「イの一番」
 柱の上に小屋梁(こやばり)を組んでいます〜まもなく昼休憩

 小屋梁組みが完了した所で昼休憩に入って、小屋組み後半部分は午後の開始としました。

 なお、この記事も少々長くなっておりますので、続きは来週の早々にお伝えします。


 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 12:10| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

外部の足場組み完了〜明日29日(木)は上棟です

 月曜日に投稿したばかりなので、お久しぶり・・・では無いですね。アンモクの大橋です。

 先日より軸組(じくぐみ・・・柱や梁などの家の主要な骨組)材の搬入を進めていた「安城市桜井町T様邸」ですが、予定していた材の搬入が完了して、本日の午後で外部足場を組みました。

 
 安城市桜井町T様邸〜本日28日の午後4時頃に撮りました
 鳶(とび)職人が鋼管足場を搬入し、外部足場を組み上げ中

 いよいよ明日の29日(木)友引、朝8時頃より「上棟(じょうとう・・・棟を上げる事〜柱や梁桁を組んで家を形と成す事)」をおこないます。

 ちなみに二十八宿という歴注(れきちゅう・・・暦に定めた「その日」の吉凶・運勢)では、明日29日は「奎(けい)」という日で「神事と普請(ふしん・・・公共事業の建設)と柱立(はしらだて・・・建物の柱を立てる〜転じて、上棟する事)には、吉」という縁起の良い日柄になっています。

 慎重に作業を進め、お施主様の大切なお住いを丁寧に上棟させていただきます。


 本日は短文となっておりますが、ここまでとさせていただき、上棟の様子については後日に当ブログにて、写真を交えて時系列順にお伝えいたします。

 お読みいただき、ありがとうございました。



追伸

 私事ですが、先週の日曜日、自動車ディーラーさんからチケットをもらったので、奥さんと子供3人と一緒に、東山動物園に行ってきました。

 午前10時半頃にマイカーで到着したのですが、どこもかしこも駐車場が満車・・・せっかく来たのだからとウロウロ探し回り〜諦めかけた所で「植物園側の東駐車場」が「空き」表示になっているのを見つけて、車列に並んで5分程は待ちましたが〜無事に駐車する事ができました。

 東山動物園の上池門まで「子供たちの足でも徒歩5分」くらいで到着〜次もココに駐車しようと思いましたが、午前11時頃には満車になったようです。

 今週末に東山動物園・植物園へお車で行く予定を立てている方には、花見の混雑も予想されますので、「朝9時半前には到着する」計画を立てるよう、強くお勧めいたします。

 天気に恵まれ、園内の桜がキレイに咲いており、家族サービスとしては満点だったと〜手前味噌ですが思っております。

 子供たちは大喜びでしたが、私個人的には〜有名なゴリラの「シャバーニ」の巨大さに大変ビックリいたしました。

 奥のゴリラ舎との接続穴の所で、影かなと思っていた大きな黒い塊が動いて表に出てきて、他の大人のゴリラたちと比べても〜2回り位デカくて凄く迫力・存在感のある個体です。

 接続穴の出口でうつ伏せになって、組んだ腕の上に頭をのせて寛いでましたが、なんか行動や仕草が落ち着きはらっていて「渋く、かっこいいオジさん」な雰囲気の不思議なゴリラです。

 「イケメンなゴリラ」として高名なシャバーニ、人気があるのも納得です。

 正直、会えてよかったと思いました。



posted by ohashi at 19:35| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

上棟前の床組み完了〜軸組材を運んでいます

 お久しぶりです。アンモクの大橋です。

 先週の前半は雨が降り続いてしまいましたが、春らしい暖かい日々が続いていますね。

 週間天気予報によると、愛知県西三河地方は今週の月曜〜土曜まで晴天が続く予報で、弊社が「安城市桜井町T様邸」にて予定していた29日(木)の上棟が無事に進められそうです。

 本日の当ブログでは、その「T様邸」にて先週の後半に施工した「上棟前の床組み」の様子を写真を交えてご紹介いたします。

 
 先週の金曜日、朝9時頃の様子〜土台(どだい)敷きが完了
 この写真は「高基礎(深基礎)型の車庫スペース」から撮影

 「上棟前の床組み」工程の「イの一番」は、基礎の立上り部の上に土台の「墨出し(すみだし)〜取り付ける位置を示す印を付ける事」をおこなう事から始まります。

 基礎の立上り部の上から「アンカーボルト(土台を基礎に固定する金物)」や「ホールダウンアンカー(柱を基礎に固定する金物)」が出ているので、その為の穴を土台に掘ってから、規定の位置へ土台を置いてアンカーボルトで基礎と土台を固定していきます。

 
 DKを撮影〜上棟すると、土台の上に「壁」が立ちあがります
 立上りの開口は外周部が「基礎換気口」、内部は「人通口」

 
 土台に「大引(おおびき)〜床下地の角材」を組んだ状態です
 基礎ベース部に鋼製束を立てて固定、下から大引を支えます

 
 格子状に組まれたマス目の中へ、床下断熱材をはめ込み中
 厚80mm高密度グラスウール断熱材〜大型の金具で支持

 
 剛床(ごうしょう・・・厚い床下地の合板)敷き、固定しています
 この写真は金曜23日の夕方の様子〜まもなく日が暮れます

 
 金曜日で「剛床敷き」が完了〜この写真は土曜の朝10時頃
 写真の手前は玄関の土間床、左部分は和室(畳敷き床)です

 
 「DK部分の床組み」を近くから撮影〜右部分の土間は玄関
 床用の防水養生シート(半透明)施工、端部には気密テープ

 上棟予定日の29日(木)まで晴天続きの天気予報となっていますが、念のため「雨養生(あめようじょう)・・・雨によって材が濡れて傷まない様に保護する事」を万全に施しています。

 これにて、「上棟前の床組み」が完了いたしました。


 本日の26日(月)の午前中から、軸組(じくぐみ・・・柱や梁などの家の主要な骨組)材の第一陣の搬入をおこなっています。

 お住いの上棟にて前半で組む部分の材を運び終えたら一段落、外作業用の鋼管足場を組んで、上棟前の工程は完了です。

 また後日〜近日中にて、進捗状況をお伝えしたいと思います。


 長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

posted by ohashi at 10:50| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする